キャンプ用にホワイトガソリンをまとめ買い

ホワイトガソリンって高いよね (;´・ω・)

ケロシン(灯油)ランタンも持っていますが、今回は無視しますよ。

コールマンやSOTOのホワイトガソリン火器を一通り揃えているキャンプギア好きな砂井さん。

実はキャンプ自体が好きなワケではなく、キャンプギアが好きなだけなのが国宝級の変態さを物語る。

この手の火器は実際レギュラーガソリンでもイケるんですが、メンテナンスを最小にしたいので普段はホワイトガソリンを使用しています。

コールマン製ガソリンランタンの明るさ比較


ホワイトガソリンと言えばやはりコールマンですか?

キャンプ用品では定番ってかコールマンしか出してなくない?

でもこのECO CLEANって高いのよね。

通販だと4リットル3,000円くらいでしょうか?

750円/ℓとレギュラーガソリンと比較すると5倍も高価です。


でもホワイトガソリンって手に付いても汚れないし、火器のメンテナンスも簡単だしとレギュラーガソリンは非常時以外使いたくない。

でもやはりもう少し安くならんモンですか?

そんなお悩みのアナタにおススメなのがJXTGエネルギーのホワイトガソリン。

JXTGエネルギーは所謂一つのENEOSですよ。

ホントは金属洗浄用のガソリンなんですが成分は殆ど同じ。

当然自己責任の範疇であるけどもホワイトガソリンの代替になります。

一斗缶(18リットル)で販売されていますが、個人で正直18リットルは多いよね?

なのでキャンプ仲間とシェアするのが良いと思います。

今回購入時は7,500円でした。

数年前なら5,000円くらいだったのに、高い時期に買ってしまった ( ;∀;)

それでも405円/ℓなのでコールマンのアレよりは大分お得になります。


一斗缶では使い勝手が悪いし、そもそもシェアするのが前提。

なのでステンレス製の携行缶に小分けします。

ガソリン携行缶の買い替え

ステンレス製なので錆びの心配が少なく、しかもカッコイイ(笑)

10L缶が使い勝手が良いと思うのであります。


この携行缶はノズルは内蔵出来るので邪魔にならず忘れもしません。

長期保管時にもホコリの心配もナシ。


世に言う石油ポンプでシュコシュコ小分け。

サイフォンの原理でアレしてます。


実際の使用時はコールマンのECO CLEAN 4L缶に小分けして持って行きます。

10L缶はあくまで保管用なのよ。


ガソリン火器を使用する時は、このコールマンのフューエルキャリーケースで運搬しています。

燃料のガソリンだけではなく、マントルやライター、ハサミ等色々入れられて便利。

さて、残りの8リットルをキャンプ仲間のあの人に高く売りつけよう。

コメント欄

ついうっかりコメントする

あなたのメールアドレスが公開される事はありません。 頂いたコメントは砂井さんの認証後に公開されます。 ※マークは必須項目です。


*