キャリーミーの折り畳みペダルを交換

純正は剛性が弱くてグニャグニャします

折り畳み自転車界隈では有名なCARRY ME(キャリーミー)

僅か8インチのタイヤは独自の乗り味で楽しいです。

当然、速くはありません。

その独自の運用用途から最近はまったく乗っていなかったんですよね。
基本出張用なもんで (;´・ω・)

でも久しぶりに乗ったら楽しい~ ( ´∀` )

今回も別に乗る必要性は無いんですが、何気に近場を乗りたくなったので気になるトコを弄ろうかと。

CARRY MEの過去記事はコチラ


このキャリーミー、結構な価格の割に標準で付いているパーツはハッキリ言ってショボイ (#´∀`)

クランクの偏心とか特にヤバイ品質でしたね。

ソレまでの自転車遍歴が品質の高いレース機材Onlyだったので余計そう思ってしまうんでしょう。

なので色々弄ってきたワケですが、今回のネタはペダルです。

このペダル、漕いでいると結構グニャグニャする感じがイヤでした。

中国にある床がガラス張りになっている吊り橋を渡る事の次くらいにイヤでした。

てっきり軸が歪んでいるんだと思ってたんですが、調べると別に歪んではいませんね。

あとペダル軸の回転も超重い
絶対ベアリングなんて使っていない感じ。


検証

この純正ペダルは折り畳む事が出来ます。

コンパクトに畳めるキャリーミーにはもってこいな構造ですね。

畳むにはペダル本体を内側に押し込むとロックしているツメが外れます。


んでそのままパタンと畳めます。

非常に簡単ですが、ペダルに外側から力が加わると簡単に倒れてしまいますね。

別に今まで不都合はありませんでしたが。


ペダル中央にある突起は単なるスプリング。

コレに強度上の意味はありません。


グニャグニャの原因

ペダルの折り畳み機構を固定しているのは赤軸の部分のみ。

ペダル本体は樹脂製なのに固定部分は付け根部分のみで、しかもお互いの距離が近い。

素材と構造のせいで剛性が低く、ペダルにトルクを掛けると歪んでしまうんですね。

コレ、ペダルの外側に足を乗せて立ち漕ぎしたら折れそうな気がする (;´・ω・)

キャリーミーで立ち漕ぎするヤツなんて居ないか。


評判の良い折り畳みペダル

そんなワケで入手したのはMKS製のFD-7というペダル。

三ヶ島という会社で、折り畳みや取り外し式ペダル界隈では有名らしい。

折り畳みペダルなら三ヶ島、ってくらい。

取り外し式は面倒だと思ったのと高価だったので、純正と同じ折り畳み式にしました。

手間が掛からない、お手軽な使い勝手もキャリーミーの魅力だと思うのですよ。


カラーはシルバーとブラックの2種類。

今回はクランクに合わせてブラックを選択しました。

塗装分なのかブラックの方が価格が高い (;´・ω・)


交換開始

純正ペダルをペダルレンチで外します。

ペダルの種類にもよりますが、コレは専用のペダルレンチじゃなくても15mmのスパナで大丈夫でした。

あ、ペダルは左右でネジの向きが違うので注意。

左が逆ネジです。


ピンボケ (;´・ω・)スマヌ

分からなくなったら取り付けるペダルを見ればOKですよ。


ちょっと重さを計測してみる。

純正ペダルは片側203g、FD-7は245gでした。

FD-7は全金属製だし、重くなるのは購入前から判明していました。

今回は僅かな重量差より剛性の方が大事なのです。


ペダルを取り付ける前に軸にグリスを塗ります。

腐食して外れなくなるのを予防するためです。

万能に使えるシマノのプレミアムグリスを塗っておきました。


さて取り付けようかな~って思ったら、レンチをかける隙間が狭くてペダルレンチでも入りません。

もっと薄くないとダメね?


FD-7は軸の内側がアレン(6角)になっているので8mmアレンレンチでも締め付けられます。

自転車やってる人なら持ってますよね?


取り付け完了。

全金属製で鈍い輝きを放つペダルは、ソレだけで剛性感を醸し出しています。


折り畳み方ですが、ペダル中央付近にあるボタンがロックの解除になっています。

隙間から指を入れないとダメですが、おかげでペダルに外力が加わっても不意に畳まれるような事はありません。


このボタンを押します。

引っ掛かりも無く指でスムーズに押せますね。


ボタンの左右に固定するツメが付いているので、ボタンを押したらロックが外れててパタンと倒れます。

戻すには倒れたペダルを水平に戻せばパチンとロックされます。

動画の方が分かりやすいですか?

ベアリングの回転も非常にスムーズですが、もう少しグリスの抵抗があった方が耐久性が高そうですね。

シマノSPDくらいのヌルヌル感が欲しい。


アルミ製のペダル本体と、固定軸の間隔の広さが相まって非常に高い剛性です。


高い剛性を実現させる為にペダルのベース部分の突き出し量が多くなっています。

純正ペダルではこの部分は全く無かったんですが、コレは剛性とのトレードオフですね。


ただ、出っ張りが多少多くなっても、ハンドルやサドル、下部のコロコロの方が幅があるので全体としては折り畳みサイズが大きくなるモンでも無いと思います。


完成しました。

欲を言えば全部ブラック塗装の方がカッコイイと思ったんですが、ベース部分に塗装をしていた初期モデルでは、その塗装が原因でリコールになったらしいので仕方ない。

ペダルにギザギザも付いているのでシューズへの食い付きも良く、非常に快適になりました。

流石にこのキャリーミーにビンディングを付ける気にはならないので、この位が丁度良いですね。


ペダルを回している時のスムーズさと、高い剛性がもたらす安心感は感動モノです。

非常に気持ちが良いですね ( ´∀` )

全てのCarry MEユーザーにおススメしたいカスタムです。

何かムダに走りたくなってきましたよ。

たまにはコイツで通勤してみるかな?


最後に

ペダルの回転機構付近にはハミ出たグリスが大量に付いています。

ベタ付くし、ゴミが付着して汚れるので余計な分は拭き取りました。


一応、純正ペダルは非常時の予備として砂井BOXに収納しておこうと思いますが、生涯日の目を見る事な無さそう。

コメント欄

ついうっかりコメントする

あなたのメールアドレスが公開される事はありません。 頂いたコメントは砂井さんの認証後に公開されます。 ※マークは必須項目です。


*