マキタはDIYの強い味方ですよね

個人向け電動工具ならマキタじゃね?

プロ向けなら修理等のアフターも充実しているHitachiとかSnap-onとかでしょうが、アチラはお値段が超セレブ。

素人がやるDIYレベルにはマキタが費用対効果が高いと思うんですよ。

コスパですよ、コストパフォーマンス。


最近の電動ツールは100Vのコンセント式よりバッテリー式が主流?みたいですが、今まではバッテリー価格の高さから手が出せませんでした。

しかし互換バッテリーという禁断の果実に手を出し、この度めでたくバッテリー電動ツールデビューしたのです!

バッテリー式電動工具の普及は、バッテリー自体の進歩のお陰と言っても過言ではあるまい。

でも純正リチウムイオンバッテリーがモーレツに高いんですよ (;´・ω・)

マキタの18V6.0Ahなら15,000円前後と大変高価になっております。

ココ最近、ドローン関係で中国製電化製品に慣れたので、今回は思い切って互換バッテリーを使ってみる気になったんですよ。

最近の通販サイトでは口コミやレビューは全く信憑性が無くなってきましたね。

なので話半分にしておきますが、少し調べてみると互換バッテリーはやはり一定の割合で不良品もあるみたいです。

でもAmazonなら初期不良は交換出来るし、短期間で壊れたとしても一つ3,300円で純正の1/4程度という価格は数で十分相殺出来ます。

ド「バッテリーは数だよ!兄貴!!」

でも性能も1/4だったらウケる~ ( ´∀` )

最悪、不良品があっても作業が遅れない様に2個セットを買いました。


カタログ上は純正バッテリーと同スペック。

日本電気用品安全法のPSEマークも取得しているし、最近の中華製品の信頼性は上がっています。

後は暫く運用してからですね。


バッテリーに搭載された残量チェック機能も、当然ですが正常に機能しています。

中華製品を多用していると「正常」「普通」が大事だと気付かされます (笑)


充電器はマキタ純正の急速充電タイプをチョイス。

実はバッテリーより充電器の方が安全性には重要。

あまり知られていませんが、本来リチウムイオンバッテリーは結構危険なモノなんですよね。

コレも問題無く充電出来ました。

18V 6.0Ahのバッテリーを40分で急速充電出来るヤツです。

バッテリーを保管する時は安全の為、40~60%くらいの容量にしておきたいんですが、いつ使うか不明な電動ツールではサッと充電して使える急速充電器が便利です。


扇風機

100Vと14.4/18Vバッテリーに対応した2WAY運用が魅力のCF102DZ。

自動首振りとタイマー機能が無いCF100DZと、バッテリーが10.8V仕様のCF101DZがあるので間違えない様に注意。

CF102DZなら6.0Ahの大容量バッテリーが選択出来るのが利点です。

首振りとタイマーがアウトドア用途に便利だと思ったのでキャンプ用で購入。

実際、屋外での作業に便利です。


今まで100Vコンセントでの運用しか出来なかったCF102DZが、封印されていた本来の力に目覚めました。

初バッテリー運用です。

背中にちょこんと背負うスタイルがカワイイ。


地味にね、この首振りが便利なのですよ。

室内では100Vコンセントで使用、持ち出す時はバッテリーって感じです。

ちなみに純正BL1860Bバッテリー装着時のマニュアル上の稼働時間は
風量:強 約 575分
風量:中 約 705分
風量:弱 約 1,270分
と十分な数値になっています。

スペック通りなら6.0Ahバッテリーでキャンプ丸一日持つ計算です。

スペック通りならね (* ̄- ̄)

数時間使った限り全く問題ありませんが、今後の使用で検証してみます。


ドライバードリル

ホントは電動インパクトが欲しかったんですが、超高価なのでドライバードリルで妥協。

実際ドリル用途の方が多いので当然と言えば当然な選択です。

コレは平行輸入のXPH12ってモデル。

耐久性の高いブラシレスモーターを搭載しているのが選考理由。

何でブラシレスモーターモデルは国内で正規販売しないんだろう?


写真では3/8ドライブが付いていますが、XPH12は普通のドリルチャックです。

ドリル(回転のみ)、振動ドリル(振動+回転)、ネジ締め(回転+クラッチ)と通常の用途には十分な機能。

砂井さんはドリルを持つとテンション上がります。

漢ならドリルメカ愛が分かりますよね?

サンダーバードのジェット〇グラに興奮しないヤツは居ない!←断言

あの「ドリルが刺さったら本体側が回っちゃうだろ?」って設計も最高。

実際にトンネルを掘るシールドマシン(wiki)にはドリルが無いので一切興奮出来ません。


マキタ純正ケースも揃えました。

横幅=41cm
奥行=12cm
高さ=32cm

バッテリー3個と充電器も収納出来ます。

空いた隙間にドリルの刃を入れておきますよ。

コレで大分作業が捗ります。

後はハンドグラインダーがあればカンペキなんですケドね~。

Comment Form

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません ★印は必須項目です 砂井さんの承認後コメントが反映されます


*