大衆食堂「正弘」は独創的なカレーラーメンが売り

三条市のソウルフードなんですか?

ちょっと遅れてお盆休みな砂井さん。

荷物運搬の為に2泊3日で新潟に帰省してました。

ホントはこの日、杭州飯店さんに行きたかったんですが、まさかの臨時休業。

急遽砂井ブラザーに連絡し、近場でおススメ店を聞いてやって来たのがこの「正弘」さんです。

燕市にある杭州飯店のラーメンは背脂煮干し


初めて来るお店なので、当然メニューとにらめっこ。

セット物が多いんですね。

とりあえず、お店のおススメか一番人気のメニューを選択してみるのが砂井流です。


奥さんのラーメンとミニタレかつ丼ランチ950円。

ランチは平日限定ですがコスパは良いと思います。


ラーメンはよく言えばあっさりシンプル、悪く言えば特徴の無い醬油ラーメンという印象です。

背脂ラーメンの本場、濃い味が主流の三条としてはかなり薄味なラーメンだと思います。


ミニかつ丼は程よく甘いタレがとても美味しい。

コレは比較的濃い味で、ゴハンに掛かったタレも最高ですね。

ちなみに砂井さんは「ソースかつ丼」って聞いたら、真っ先に思い浮かぶのは三条じゃなくて福井県

もうドコでもあるメニューですがね。

ちなみに、新潟県のイメージがある「コシヒカリ」を製品化したのも福井県ですよ。


ハイ、キタ━━(゚∀゚)━━!!

カレーラーメンとミニタレかつ丼セット1350円。

ヤっちまいましたね?(;´・ω・)

新潟県民はですね、色んなモノにカレーを入れる習性があるんですよ。

例えば晩御飯がカレーで、次の日が焼きソバやうどんだった場合、高確率で余ったカレーをブッかける民族なんです。

カレー味の唐揚げ粉とか売ってるしね。

ココのカレーラーメンはゲテモノではなく、とても美味しいと聞いたので注文してみました。

お店の売りだし、秘密のケン〇ンショーにも出たんだそうですよ。


カレーなのでレンゲではなく、スプーンが付いているのに拘りを感じる。

具材はそのまんまポークカレーで、具材は煮込んであって柔らかい。

辛さは控えめですが、外気温36℃の猛暑日だと汗ダックダク💦です。


カレーのトロみがあるので麺にスープがよく絡む。

カレーうどんでは”あるある”ですが、スープの跳ねに注意しましょう。

ナプキンのエプロンが付いていますよ。


コイツもソースかつ丼が美味いなぁ。


食後、改めてスープを飲んでみる。

味のバランスも高次元でまとめられていて美味しい。

でもコレはラーメンじゃなくても別に、ねぇ?

ってか中華麵が合わないんじゃないとか思うんですよ。

以前大阪で食べたカレーうどんは最高に美味かったんですが、コレはB級のレベルを出ない気がします。

カレーうどんは市民権を得ていますが、カレーラーメンは某ヌードルくらいで一般的ではないじゃないですか?

人類にはまだ早過ぎるんじゃね?

でもお店は平日でも混んでいて、半数以上のお客さんがカレーラーメンを注文していました。

ワタシの味覚に問題がある可能性が大ですね。

ま、味の好みは人それぞれの主観ですから (* ̄- ̄)

丼物が美味しいと感じたので次はカツカレーと唐揚げで勝負したい。


営業時間:火曜 11:00~14:30(ランチ営業のみ)
水~土 11:00~14:30/17:00~21:00
日・祝 11:00~15:00/17:00~21:00

定休日:月曜日(祝日の場合営業、翌日定休)

Comment Form

この記事にコメントする

あなたのメールアドレスは公開されません ★印は必須項目です 砂井さんの承認後コメントが反映されます


*