遂に石川でもリカンベント・トライク始動!!

新潟から引越しの荷物運搬ファイナル!

青森から石川に転勤する際、邪魔過ぎ&生活必需品から一番縁遠いブツ、って事で実家の倉庫に放置安置されていた、英国KMX Kartsのリカンベント・トライクViper。

リカンベントとは仰向けに乗る自転車の総称で、トライクは3輪タイプを言います。

リカンベント自体がレアでアレなのに、更に珍妙なトライクを所有する辺りに砂井さんの絶望的な変態さが垣間見えますね ( ´∀` )

コイツを遂に石川に持っていく日が到来しました。

ちなみに正規代理店のKMXジャパンは「旅に出るので休業します」との書置きを残してサイトは閉鎖しています(2020.8.27現在)

リカンベント(Wikipedia)


久しぶりに実家の近所を数十メートルほど乗ってみた。

・・・(* ̄- ̄)・・・

楽しい~ ( ´∀` )


それにしても暑いわ~ (;´Д`)

気温37℃?

体温より上がったらヤバイでしょ~。

ちなみにこのViperさん、砂井ハイエースでも後席シートを畳まないと乗りません。

デカイくて重いのがリカンベント・トライクの欠点。


普通はクランクの付いている「ブーム」も短くしないと乗らないんですが、今回は何とかなりました。


1BOXカーに標準装備されているこの「仕切り棒」をトピークのキャリアに貫通させて固定。

苦肉の策ですが、この棒ってロードバイクのハンドルとブレーキの間に丁度ハマって、良い感じに固定出来る便利アイテムなんですよ。

自転車乗りの為の装備に違いない←確信

この方式ならリアシートを畳まなくても車載出来ました。


高速に揺られる事3時間30分

遂に北陸の大地を踏みしめたViperさん。

でもコッチは近くにサイクリングロードとか無いし、コイツとすれ違う通行人は通り過ぎてから振り返って見る感じな県民性なので、コッチも乗るのに一層勇気が必要ですね。

三沢みたいに「わ~何アレ~?」と面と向かって言われる方が全然自然です。

・・・(* ̄- ̄)・・・

 

捨てるか、羞恥心 (;´・ω・)

 

えっ?羞恥心持ってたの?って疑問は完全スルー。

異常の有無を見るため近場を少し乗ったら、既に近所のキッズに怪しい視線を送られました。

不審者通報待った無し。


被害妄想

そう言えば以前青森のテレビ番組で、オランダから来た渋い中年夫婦がリカンベント・トライクでサイクリングしてるの見ました。
ソレを見た女性のコメント。
若い女性①「オランダから来たんですか~?」
若い女性②「変わった自転車ですね、素敵です~」

実際日本人(砂井さん)がリカンベントでサイクリングしている。
若い女性①「何あのオッサン?」
若い女性②「マジキモイんだけど笑」

コレが現実 ( ;∀;)


リカンベント最大の難題?

リカンベントで一番問題になるのは収納ですね。

ガレージがある家が羨ましい。

物置用リビングに置いてみるとスッゲー最高に邪魔です。

でも大丈夫!


縦置きスタンドがありますんでね。

ミノウラのペアスタンドを流用してます。

ココまで抱っこして持ってくるのがキツイんですケドね。

いつか腰を粉砕する予感。


本来バイクのトップチューブを乗せるフックを水平にしています。

このViperは重量20kgと、自転車界隈では小錦並みの超重量級。

なのでフックに掛けたら丁度後輪が床に設置する位置に高さを調整し、スタンドの負荷を減らしています。

・・・(* ̄- ̄)・・・

ココで朽ち果てるまで放置されそうな気がしないでもない。

Comment Form

この記事にコメントする

あなたのメールアドレスは公開されません ★印は必須項目です 砂井さんの承認後コメントが反映されます


*