「森のレバ刺し」再び

最近流行ってるの?

以前紹介したアミタケを使った「レバ刺し」再現プロジェクト。

え?レバ刺しなんですか?

この時、味は美味しいものの80gで430円というコスパの悪さで砂井さんチョイスから外れました。


今回見つけたのがこの品。

同じような食品ですがコチラには執拗なレバ刺しアピールはありません。


パッケージ裏の説明分を読むと製造元の熱い思いが伝わってきます。

なんか”森のレバ刺し”と似てるね?と思ったら同じ会社でした。


パッケージ内のアミタケはネッチョリとしたローション状の液体に浸かっているので洗い流します。

その後よく水を切りますよ。


早速この日の夕食時に盛り付けてみる。

当然用意してるのは塩を溶かしたゴマ油です。


(´~`)モグモグ

森のレバ刺しとソックリじゃね?

森のレバ刺しは塩気がありますがコチラはソレが大分少ない感じ。

厳密にはもっと違うのかも知れませんが、同時に食べ比べないとワタシの様な馬鹿舌にはそれ以上分かりません。

それよりコスパの違いの方が重要ですか。

森のレバ刺しは80gで430円に対してコレは150gで324円とかなりお得?

塩気が少ないのはゴマ油に入れる塩でカバー出来ると思うので買うならコッチかな?

Comment Form

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。 ★印は必須項目です。 砂井さんの承認後コメントが反映されます。


*