Mavic miniのプロポで気が付いた事

共通だと思ってたアレがね

DJIプロポのスティックのお話し。

上がMavic2、下がMavic miniのプロポです。

miniのプロポはシンプル過ぎる気がするのは、低価格を実現するのと上位モデルと差別化する為とみた。


特に意味は無かったんですが、ある時Mavic2のプロポにminiのスティックを付けようとしたらハマらない事に気が付いたのですよ。


よく観察するとスティックをネジ込むトコの外溝の幅が違います。

Mavic2の方が溝が狭くてminiのは広い。


砂井さんは老眼という不治の病を患っているのですが、そんな我が身を顧みず渾身の力を振り絞ってガン見します。

すると左のmini用スティックの方が外側のカップ?部分が僅かに厚い。

だから付かなかったのね。


ネジ径自体は同じなので逆パターンはOK。

Mavic2用スティックはminiのプロポに付きます。

つまりスティック自体は上位互換なんですね。


他にも

プロポ下部にあるスティックの収納方法。

下のMavic2はシリコンゴムの程よい締付けで「ムギュ」っと固定。

上のmini用は「パチッ」っとツメにハメ込む仕様。

個人的にはminiの方がシッカリ感があって宜しい。

スティックの互換性なんて大した問題ではありませんが、逆に仕様をわざわざ変える必要が何故あったのか気になる。


上位モデル用の社外品を試す

トコロで~ (;´∀`)

Mavicシリーズのプロポって、スティックの可動域が狭くてスプリングも硬いんですよね~。

正直言って操作性は悪いと思う (;´・ω・)


やっぱ普段フルサイズのプロポに慣れていると特にそう感じます。

ビミョーな操作がしにくいんですよね~。


そんなワケもあり砂井さんが今までMavic2で使っていたのが、NDフィルターでもお馴染みのPolarPro製スティックです。

長さを無段階に調整出来るのが特徴です。

元はMavic Air用で売ってましたがMavic2はもちろんminiに付きました。


スティックが長くなった分、見かけ上のストロークが増えるので細かい操作が格段にしやすくなります。


でもシリコン締付け固定式のMavic2には収納出来ますが、パッチン固定式のminiにはシャフト部の太さが違うのでハマりません。

まぁケースの隙間に入れとけばイイんですケドね。

コレでコントロール問題は解決か?

Comment Form

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。 ★印は必須項目です。 砂井さんの承認後コメントが反映されます。


*