久しぶりにBeta85Proを引っ張り出したら壊れてた

まぁ大した事ないトラブルですが

砂井さんの主力マイクロドローンはBetaFPVのBeta85Pro2です。

日本国内のドローン(ラジコン)規制が100g以上が対象に改正され、しかも機体が登録制になりイロイロ厳しくなっしまいましたが、コレは飛行重量69gと規制に引っかからないお手軽さが魅力。

ちなみに同100g規制は日本のドローンとラジコン業界を終焉に向かわせる位ヤバイ規制です。

規制自体は良いですが、もっと内容をしっかり精査してほしかった。

日本ってこういうトコがアホよね (;´・ω・)

ドローンの新しい100g規制が想像以上にエグイ件


んで肝心のBeta85Pro2ですが、ある日久しぶりの飛ばそうと思ったら全く反応がありません。

?「ただのしかばのようだ」

機体の電源が入りませんね?


このBeta85Pro2は素直な飛行で故障も少ない優秀な機体。

大した事ないでしょ?と思って裏返すとバッテリーの配線が切れてました。

そら入らんわ、電源 (;´・ω・)

うん、予想通り大した事ないね。


まぁコレくらいならアッと言う間ですよ。

必要工具は⊕の精密ドライバーと半田ごて1式、そしてハズキルーペ (笑)

いやマジでハズキルーペが無いと見えません。

ドローン作業用に話題のハズキルーペを買ってみた


さて、サクッと終わられますよ。

まず超小さい⊕ネジを精密ドライバーで外します。

外したネジを無くさないように小皿があると便利。


キャノピー固定しているネジ3ヵ所はFC(基盤)固定と供用。

カメラ下の前方1ヵ所だけFC独立です。


ハンダするのはFC(FlightController)の裏側。

FC裏に配線されているモーターケーブルを外します。

でも外すのは4ヶ所の中の2ヵ所で良さそう。


ここまで外せばハンダに支障は無さそうです。


外れた配線の皮膜を2mmほど剥いたら先にハンダを流し込んでおきます。


基盤のパッドにもハンダを盛ります。

予め両方にハンダを付けておくと楽なんですよ。


・・・(* ̄- ̄)・・・

何かあんまりキレイじゃないね (;´・ω・)

まぁ付いていれば良いんですよ。


バッテリーを付ないで通電チェック。

短絡していると一瞬で焼けます。

電源ONは大丈夫ですね。


(。´・ω・)ん?

ナゼかプロポとのバインドが切れています。

通常はFCのBINDボタンを押しながら通電するとバインドモードになるのが一般的だと思いますが、このFCは先に通電してからBINDボタンを押すとプロポとバインドします。


正常にバインド完了。

近所の空き地を飛んできます ( ´∀` )

コメント欄

コメントする

あなたのメールアドレスが公開される事はありません。 頂いたコメントは砂井さんの認証後に公開されます。 ※マークは必須項目です。


*