やっとMavic MiniでもiPad miniが使用可能になりました

同じ「mini」繋がりだしね

上位モデルのMavic2  Zoomでは既に使っていたiPad mini。

あらゆる環境でおススメ出来る訳ではアリマセンが、見やすい大きなディスプレイは非常に便利です。


でも、Mavic2では外部USBポートを利用した接続だったので、Type-AのUSBポートが無いMavic Miniでは使用できません。

同じ方法ではね。


現状の把握

写真はMavic2用プロポですが、Mavic Miniのプロポもこの部分に関しては同じ構造です。

Mavic Miniでは、サイド部のMicro-AポートにiPad miniを接続する他に方法がありません。


Micro-Aポートは非常にマニアックで対応機器が少ないんですが、一般的なMicro-Bケーブルも付けられるのでソコは大丈夫。

でもMicro-B→ライトニングケーブルって、種類が少ないんですね。

特に長さの種類がね (;´・ω・)


DJIのケーブルを模した延長タイプも売っているので、ソレを使えば一発解決に思えます。

でも、通販サイトでは品質に関して手厳しいレビューしか無いのでスッゲー不安。


 最終的に辿り着いたのは”延長”

ライトニングの延長ケーブルです。

コレも種類は少ないんですが、長ささえ合えば良いのでね。

ソコソコ不良品率もあるようですが、2本セットならイケるよね?


長さは30cm、端子の角度もストレートのシンプルなケーブルです。

欲を言えばオス側が90°曲がったタイプが良かったですが、コレマタ種類が少なくて断念。

今回はお手軽に済ませました。


早速Mavic Miniのプロポに付けてみる。

純正の端子は手前に引いて、自由にプラプラ出来る位置へズラします。


何故ならタブレットを支えるステー部分が、延長した端子部と重なるからです。

写真の位置で遊ばせておけば大丈夫。


とりあえず電源ONして接続チェック。

品質の悪いケーブルだと認識しない事もあるそうです。

ココは無事に起動しましたが、まさかDJI FlyがiPhone専用アプリだった事にビックリこき麻呂 (;´Д`)

(-ω-;)ウーン
故意に差別化している予感。

コレはアップデートでラダーの修正は望み薄か?

もしかしてMavic Miniって飛ばしにくいんじゃね?


とりあえず右下の拡大ボタンを押して拡大表示します。

何とかコレで誤魔化せるかな?

まぁ、とりあえず起動したからイイか (* ̄- ̄)

Comment Form

この記事にコメントする

あなたのメールアドレスは公開されません ★印は必須項目です 砂井さんの承認後コメントが反映されます


*