リカンベント・トライクが面白い

英国KMX KARTS製リカンベント・トライク VIPER

今回ご紹介する写真のコレ↑はイギリス製リカンベント・トライクのVIPERさんです。

リカンベントとは仰向けに乗車する自転車の事で、3輪のモノをトライクと呼びます。

ちなみにフロント側が2輪なのがタドポール、リア側が2輪のモノはデルタと言うそうですよ。

コイツはネットで悪名高い、某中古自転車販売店で2015年に購入しました。

2014年製で定価の半額くらい?

・・・えぇ、わかっていますよ?

変態なのは (笑)

VIPERの詳細とか色々


こんなんで外を走ろうモノなら、お子様達に囲まれる、犬に追いかけられる、通り過ぎる人からは例外なく指を指されるのです。

いやもう聞こえてますよ?
「ナニアレ?」とか「変なの~」とかガチで。

繊細なメンタルの方ではスタミナが切れる前に神経がブッチ切れるでしょう。


収納はこんなカンジです。
サイズもデカイのに重量も20㎏オーバーなんで出し入れだけでエクササイズ。

家から出る頃には筋トレ、持久運動、あちこちブツけるんで壁のプチ補修スキルがアップします。


ノーマルのパーツは色々とツッコミどころ満載だったので全部シマノに変えてやりました。

やっぱSHIMANOですよ!
ビバ!SHIMANO!


クランクはクロス用のギア比でリングガード付き
クランクが車体の一番前にあるのでガードは個人的に必須だと思います。

クランクのギザギザがスネとか子供とかに当たったらと思うと、ね?

あとトライクに限らず立ち漕ぎ出来ないリカンベントは上り坂が苦手。

上りに対応する為にワイドなギア比が欲しかったので基本はMTBコンポに変更しました。


シフターは通常の反対(小指側)に付いたグリップシフトでした。

「なにコレ!?ホントに回るの?バカなの?」

ってくらいむっちゃ固くて操作しにくかったので交換。


ハンドル形状と操作性からバーコンにしたかった為、デュラエースSL-BS77を選択。
んなもんでロードとMTBコンポをミックス出来る、あえての9速仕様

今なら電動化すればもっと快適でしょうが、ソコまで資金を掛ける気は無い。

減速操作は右のブレーキレバーでフロント2輪同時にかかり、左ブレーキは後輪&ロック機構でパーキング兼用です。(右ブレーキレバーからワイヤーが2本出てます)

あと、リア加重が低いのでコーナーでリアブレーキかけると簡単にスピンするんで注意。


ディレイラーの干渉等、イロイロあって車軸の位置を変更しています。
そーいえば前に持ってたモールトンもヒドイ精度だったな。

made in イングランドの品質ヤバくね? (;´・ω・)


バックパックを背負えないリカンベントは積載力が低いのでトピークのエクスプローラー・ラックを強引に取付けました。

結構為せば成るカンジですね。

コレで専用バッグMTX トランクバッグ DXPが着けられます。

気がつくとフレームとシートと専用フロントホイール以外は全て交換してました。


ノーマルのリアホイールは24インチが付いていました。
タイヤの選択肢も少ないし、カッコ悪いのでリアはシクロ用の700cにしてたんですが

「スピードはそんなに出ない」
「登りがヤバイ」
「コーナリング時の歪みが大きい」

という不具合があったので↓

リア26インチにサイズダウン。

これくらいが剛性やスピードレンジ的に丁度いいかな?
コイツの上位モデルもリアは26インチだったし、700cはやり過ぎでした (;´・ω・)

リカンベントはコーナリング時に車体が傾かない為、ホイールには真横にGが掛かるんですよ。
その為フレームとホイールは通常の自転車より大きく歪み、ブレーキディスクがキャリパーと干渉したりします。

リアホイールが大きいと歪みも大きくなってしまうんですかね?
異音が多くなりましたんでサイズダウンしたのです。


このリカンベントって乗り物、仰向けに乗るんで視界が広いって言うか、空が広くてフツーの自転車よりオープンカー的な解放感

ウチの近所は外人さんが多いんですが、アッチの人は自転車好きが沢山居ますね。
よく話かけられたり「Yhaaa!」とか言われたり、ハイタッチされたりします ( ´∀` )


フロントタイヤです。

最初は調子に乗ってスピード重視の高圧タイヤパナレーサー ミニッツタフPT 幅1.25インチだったんです。

でもこのリカンベントってヤツ、その特徴的な乗車姿勢のせいで段差でお尻を浮かせたり出来ないんですよ。

そうすると僅かな段差でも衝撃が背骨まで突き抜けます。

歩道の段差なんて凶器はモチロン、マンホールとかでも脊椎折れそうですよ?マヂで (;´Д`)


で、クッション性を重視してエアボリュームの大きいタイヤに交換です。

世界でも少数派であろう事は疑いようのないリカンベント・トライク専用タイヤシュワルベ トライカー 幅1.5インチです。

このシュワルベとういうタイヤメーカーはガチレーサーなら選択肢に入らない品質ですが、ミニベロやリカンベントのようなコアなユーザー向けのタイヤも作ってくれていて好感が持てます。

コレで多少乗り心地が良くなるのか?

頼むよホント (;´・ω・)


スピードは出ないんですが後輪はディープリムです。

そうです、
カッコ重視ですが何か? (´・ω・`)


結局のところ、リカンベント・トライクとは?

立ち漕ぎ出来ないんで上り坂がキツイとか、保管場所が無いとか、目立ちすぎるとか、使う筋肉が違うので今までの自転車トレーニングだと速くないとか、チェーンがロードバイクの2.5台分でスゲー長いとか、そりゃもうイロイロ欠点もありますが、それを全部吹き飛ばす楽しさがあります

乗っていると何故か笑いがこぼれます。
スゴク楽しいんですよ、乗っているだけで。

今までに無い、
(色々な意味で)
異次元の乗り物ですね。


なぜかラストに購入直後のドノーマル状態↑

どうです?リカンベント・トライク。

 

乗りたくなりましたか?
目立ち度ハンパないですよ?
3輪なんでコケないんですよ?

もしオレも乗りたい!という方が居ても私は自信を持っておススメしませんケドね (;´・ω・)

やはりハードルが高い!

保管場所の確保とかね~
恥ずかしいほど目立つしね~
低くて車から見にくいし~
幅があって邪魔だし~
クッソ重いし~
近くにサイクリングロードとか河川敷とか無いとキツイね。

アレ?デメリットの方が多くね? (;´・ω・)

ネットで”リカンベント”で検索すれば情報は見つかりますよ。
物好きな方はどーぞ。

最後に、あの時追いかけて来た犬を放し飼いにしてた飼い主は許さない。

5 Comments

  1. 数か月前に4輪買いました。ほとんど三輪と同じようなのですがもっと重くて30キロ越えです!!

    足に来ます。まだ二回くらいしか乗ってませんが?

    色々教えていただきたくよろしくお願いします。

    • 銀線名人 北川正人さん、こちらこそよろしくお願いします。
      しかし四輪とはスゴイですね!
      リカンベント乗りは日本では極少数派なのに、その中でも更にマニアックな選択にホレそうです。
      ワタシもリカンベント自体に詳しいワケではありませんが、一応メカニックなので試行錯誤しながらやってます。
      お互い刺激になると良いですね。

  2. 購入を考えるにあたり大変参考にさせていただきました
    特に交換推奨部品や安全のための装備や注意点等、このブログでしか知り得ない事が多くとてもありがたかったです

    目立つことや取り回しの悪さは我慢できそうで迷っていましたが
    整備に関してはそれなりに知識経験がないとなかなか厳しそうですね・・・
    それに歩道に入れない車両ですし、何かと自転車環境が整備された欧州でないと、覚えのない凡人が趣味にするのは敷居は高いのがよくわかりました・・・
    平気で歩道を走り回ってるトライクブロガーの方もいましたので、気にしなければ何てことはない問題かもしれませんが、個人的にはリスクに見合うものではなさそうなので、諦める事にします。

    それにしても、こういう障壁があっても趣味として楽しんでらっしゃるのは感服です・・・

    • RMpさん、コメントありがとうございます。
      確かにリカンベントトライクを楽しむには走行環境、保管方法など障害が大きいのは否めません。
      一戸建住みで道路事情に余裕のある地方でないと難しいでしょう。
      でもリカンベント専門店は結構都会にあるので何か良い方法があるのかも知れません。
      トライクはムリでも2輪の折り畳みリカンベントなら大分敷居が下がるんですケドね (;´・ω・)

      • お返事ありがとうございます。
        実は地方住みで、土地にも余裕はかなりあり、屋内保管も十分できるのですが
        一番の不安はやはりドライバーから見て低くて横広はかなり怖いだろうなという点ですね・・・
        自分が車に乗ってたら間違いなく緊張が走るので・・・とはいえフラッグつけるくらいしか対策もなさそうで・・・
        田舎って、道は空いてる分幅が全然余裕なかったりするので、案外走れる道が少なそう?意外となんとかなったりかもですが、未知の乗り物すぎて想像が・・・w

        二輪なら歩道に入って回避が自由なので、この辺の不安ないですし、いいかもですね
        ただ見た目は絶対トライクがいいんですけどね(笑 細々と可能性は模索してみます!

コメントする

あなたのメールアドレスが公開される事はありません。 頂いたコメントは砂井さんの認証後に公開されます。 ※マークは必須項目です。


*