男鹿半島で”なまはげ”体験 ( ´∀` )

GWは短い連休しか無かったので近場の秋田へ

特に意味は無いケド秋田県の県旗

人生初秋田県。

奥さんも「行った事の無い県に行きたい」との事で、いざ秋田。

秋田と言って連想するのは
●あきたこまち
●きりたんぽ
●比内地鶏
●なまはげ👹

そう、”なまはげ”って以前から気になってたのよ。

秋田の”なまはげ”は、ソレが「他所へ伝わった」なんて話は無いのに、全国的にも圧倒的な知名度を持ってる不思議な文化です。


早速ですが、出発です

GW最後の連休、5日~6日の日程。

他の日はもう宿がいっぱいでした (;´・ω・)

今回はイキナリ秋田ではなく、青森県を西に横断して鰺ヶ沢に立ち寄りました。

わさおの家に行くのです。


わさおの家のある、きくや商店さんに到着。

GWなので混んでましたね。

ココのイカ焼きが絶品です ( ´∀` )


とりあえず、目的である”わさおTシャツ”をGET!

実家のお義姉さんにお土産です。

でも、お土産品とか大分減ってますね (;´・ω・)

無くなっちゃうのかしら?


ココまで来たら、”わさお”のご尊顔も拝見しないとね。

わさおはもうお爺じいちゃんなので元気がありません。


でも時折、観光客の方に出て来てくれるのがニクイ。

実は後日知ったんですが、この数時間後の夕方、わさおの奥さん”つばき”が亡くなったそうです (;´・ω・)

まだ6歳ですって (;´Д`)


お昼ゴハンは近くの「海の駅わんど」&「相撲館」へ。


以前テレビで見た鶴瓶さんの番組で、高橋真麻さんと出てたお店へ。


海鮮ちゃんぽんを頂きました。

濃い味ですが、個人的に好きな味です ( ´∀` )


この海の駅わんどの二階には相撲館があります。

雰囲気大分変ります。


相撲に関する各種資料とかあります。

そう言えばテレビでも、ココで高橋真麻さんがスカートでふんどし巻いてたな (* ̄- ̄)


内部には小さい土俵がありました。

何か、イベントでもするのか?


知らなかったんですが、ここ鰺ヶ沢は舞の海さんの出身地なんですね。

小柄な体を技術でカバーして大柄な力士と戦う姿は「技のデパート」と評判でしたね。

そう言えば外国人にも人気があったそうです。

その理由は、外国人からすると体重別ではない相撲という競技はフェア(公平)ではないんですね。
小柄で不利なのに、技で大柄な力士に勝つのがスゴく見えるんだとか。

なんか最近はア〇クのイメージですが (;´・ω・)


ここから海沿いの道を南下。

Google mapだと早く到着する計算ですが、実際はこの1.5倍は掛かります。


途中で観光しながら進みますよ。

ココは千畳敷。


不思議な造形だわ~。

自然ってスゴイわ~ (;´・ω・)

奥さん、こーゆーの良く見つけるわ~。


途中、深浦町役場に寄り道。

この日は日曜日ですが、食堂は営業しているのです。


名物のマグステ丼(マグロステーキ丼)は完売してました。

でもお昼ご飯はもう食べたし、今日の目的はコレじゃないので大丈夫。


もう一つの名物、マグロソフトクリームです。

普通に考えればイカれた味ですが、もちろん奥さんのセレクト。

一口貰いましたが、幸いな事にマグロの味はしませんでした。

もしガチでマグロ味ならゲロ吐くわ (´ཀ`


青森と秋田の日本海側を結ぶ”五能線”鉄道。

海岸線を走るのが特徴です。

奥さんはテンション上がってます。


到着しました~

やっと到着した男鹿温泉郷。

入口のデカイなまはげ像がお出迎えです。


ササっとチェックインだけ済ませて観光を続けます。

まだ16時だし、今回は強行軍なので回れるトコを回るのです。


とりあえず男鹿半島を一周。

入道崎灯台でパシャリ。

海上保安庁が募集した「日本の灯台50選」に入ってます。


ココにもデカイなまはげ像を発見。

地震で倒れたら大惨事になる大きさ。

逆光でイマイチね (;´Д`)


ゴジラ岩。

・・・( ^ω^)・・・

言われれば・・・ゴジラ・・・なのか? (;´・ω・)


日が暮れたので、マッハで帰って来ました。

さて、温泉入って夕食です。

焼き魚美味しい ( ´∀` )

蟹はイマイチってか食べにくい (;´Д`)


でもね、この日のメインイベントは旅館でも料理でもありません ( ̄ー ̄)


男鹿温泉郷の中心付近にある「五風」


ここで行われるイベントが本日の目玉!

「なまはげlive」です!!


女性団員の挨拶から始まり、ソロでの太鼓演奏が始まります。


すると会場後方からなまはげが登場!!

「おおおおぉぉぉぉ!!!」

という凄まじい唸り声を上げて乱入して来ます。


近くで見ると大迫力!!

小さいお子様は失禁間違いなしですわ (;´・ω・)


口上です。
「お前さんら、よぐこの町さぎだな!」
「男鹿のなまはげよぐ見でおげよ!」
「おおおおおおぉぉぉぉぉ!!!!!」


太鼓演奏も大迫力で面白い。


本日、一番面白かったイベントです。

コレだけを見る為に男鹿温泉郷に来ても良いくらい。


旅館に帰って、もう一回温泉に入って寝ます。

先日購入したばかりのオーダー枕も持参。

寝ますよ~ (´・ωゞ)


次の日

ササっと旅館をチェックアウトして次のエリアへ。

今日も朝から強行軍なのです。

男鹿温泉郷から車で30分くらい?

入口に謎のタマがあります。


なまはげ館ですよ~ ( ´∀` )

早速突撃します (`・ω・´)


なまはげさんの装備品一覧。

色んな種類があり、地域によって装備が違うのです。


なまはげ体験コーナー。

まさかコレをヤラされるとわ (;´・ω・)

面を付けると視界が狭いんですが、顔の左側に何かがゴスゴスと当たってるな?と思ったら、アンタの包丁かい! (;´Д`)


同じなまはげでも地域と時代によって多種に渡るそうです。

ココには数十種類のなまはげが展示されてます。


カッコイイものから、アフリカの謎部族っぽいもの、正直言って小学生の学芸会レベルの物まで多種多様。


なまはげ見学はここ数年で最大のアタリです。

絶対お面を買って帰るって思ったんですが、大きいモノなら5万円を軽く超えて無事断念 (;´Д`)

ちなみに、赤が男で青いのが女らしい。


なまはげ館のお隣には「なまはげ真山伝承館」があります。


ここでは真山地区のなまはげ習俗を実演してくれます。

古い伝統としきたりを厳粛に受け継いでいるそうです。


なまはげは、泣く子や悪い嫁を探して山に連れ去ろうとするが、家主が怒るなまはげをなだめ、酒を振舞い、送り返す。

そのやり取りは漫才っぽくてちょっと面白い。
👹「おめぇんトコの孫は勉強せんらしいなぁ?」
家主「なまはげさん、それ、隣の家の子ですよ」

しかしユネスコ無形文化遺産に登録されたとはいえ、最近は「家が散らかる」とか「子供への虐待」とか言う人も居て、なまはげ文化を維持していくのも大変だとか (;´Д`)

世知辛いわ~ (;´・ω・)


なまはげが去った後に落ちてる藁には魔除けの力があるそうです。

貰っておきますよ~ ( ´∀` )


最後に寒風山の展望台に立ち寄りました。


男鹿半島を一望出来ますが、この日は薄曇りでガスってました。


この辺、風車が多いですね。


帰路に着きます

帰りは大館市、十和田湖経由の一直線。

でも下道&山道なんで4時間じゃ着けないね。


菜の花街道 ( ´∀` )

コレでもか!って面積に菜の花が咲いています。

途中に菜の花祭りみたいなのがあって、奥さんが寄りたがったんですが帰路を急ぐのでガン無視で (;´・ω・)


大館市でラーメンをお昼に食す。


凄く美味しいですが、混んでると結構待ちますね。

チャーシューが激厚でヤバイ。


「大文字」で有名な鳳凰山。

雨模様で霞んでる、って以前に電線がジャマね (;´Д`)


川を渡る鯉のぼり。

ほー (〃´`)ってなりますが、帰路を急ぎます。

次の日は普通に仕事なんで (;´Д`)


十和田湖周辺の山岳地帯をひた走る。

外気温は10℃ですって。


5時間30分後、無事帰宅

あ~、疲れた~ (;´Д`)

自分へのお土産でも見て精神を癒そう。

なまはげタオルと鍋敷き。

なまはげliveの時に購入。

鍋敷きの絵は古き良き時代のAAレベル (* ̄- ̄)

コレ、なんて買っちゃったかな?


わさおチョロQ。

結構好きかも。


一番のお気に入りはユルなまはげ。

かわいい (〃´・ω・`)

でも一番欲しかったのはガチリアルなお面だったケドね。

 

いや~、秋田ってか、なまはげ最高!

もう北東北に来る事は生涯無さそうなので、良い思い出になりましたね ( ´∀` )

 

Comment Form

この記事にコメントする

あなたのメールアドレスは公開されません ★印は必須項目です 砂井さんの承認後コメントが反映されます


*