SOTO ST-233のホヤの色がイマイチなので交換です

CB缶ランタンの名機ST-233

「ST-233虫の寄りにくいランタン」(正式名称)は格安のCB缶を使用出来るランタンです。

同種のランタンの中では冷えによるドロップアウトが少なく、断トツで高性能だと思います。

某ユニフレームのアレなんかと比較して段違いです。

UL-XとST-233の明るさ比較


あまりの高性能ぶりにうっかりナチュラム限定カラーモデルまで入手するくらいのお気に入り。

比較的暖かい時期のお手軽ランタンとして使用されてきました。


でもね、

ST-233純正ホヤのカラーはオレンジ
なんでも虫が寄りにくいカラーらしいですが、正直その効果は不明。

車のヘッドライトもオレンジのバルブが嫌いでホワイトLEDに交換している砂井さん。

当然コイツもオプションのホワイトホヤへ交換します。

ちなみに右の白いホヤは、知人から貰った下位モデルST-213に付いてたヤツからパクったモノ。

ST-213はドロップアウトを防ぐヒーターが無いので性能が悪い。

ハッキリ言って存在価値を疑っていましたが、最近ようやく廃盤になったようです。


当然買ったのはSOTO純正品。

確かよく似たユニフレームのアレとはサイズが違ったハズ。


直接的な眩しさを軽減するホワイト帯と、反対側の透明ガラスの二通り使えるのがハーフスクリーンの由来。


早速ホヤを交換します。

ユニフレームのアレに劣っているのは、この上蓋を開閉する機構とデザインだけだと思う。

装着は自由ですがST-233には反射板があります。

テーブル中央とかに置くなら外しますが、基本的にランタンは端に置くので問題なし。

当然付けた方がマジ2倍明るい。


いや~、すっきりホワイトでカッコいい。

点灯させても落ち着きそうです。

赤系の色って落ち着かないのよね。


純正のオレンジホヤはもう使う予定はありませんが、割れちゃった時用に予備に保管しておきます。

このまま発掘される事なく永遠の眠りにつきそうですが。

コメント欄

ついうっかりコメントする

あなたのメールアドレスが公開される事はありません。 頂いたコメントは砂井さんの認証後に公開されます。 ※マークは必須項目です。


*