石川で富山ブラックを食べられるラーメン我楽

氷見にあったお店が移転して来たらしい

住所は金沢とはいえ、海沿いでドチラかと言えば内灘に近い立地です。

キャンパーのまっくろくろすけが「富山ブラックが食いてぇ」とリクエストしたからです。

若い頃、実際富山まで食べに行った事がありますが、そんなに良い印象は無い富山ブラック。

でもまぁ本人のリクエストだし、20年ぶりに食べてみるかと思いました。

しかし新コロ騒ぎの中ではさすがに県外に行くのはちょっとアレがアレな感じですよね。

ちょっと調べたら金沢近郊に富山ブラックを出すお店が結構見つかりました。

この我楽さんは本場富山県から移転してきたらしいので、期待出来そうだと突撃を慣行。


店内は厨房を囲む大きなカウンター席と、テーブル席が数席。

新しめの綺麗なお店です。


普通の「ラーメン」が富山ブラックらしい、と聞いたのでここは素直にチャーシューメンを注文。

他のお客さんは味噌を頼む人が多いかな?

東北や北陸の人は味噌ラーメン好きが多い印象です。


ちょっと気になったコレ↑

「ラーメン」も醬油じゃないの?

でも注文した後に気が付いたのでスルーしか選択肢は残されていない。


チャーシューメン990円(税込)+大盛220円。

ビジュアルは少し色の薄い富山ブラックです。

表面の脂の層がゴイスーですな。


脂の層はともかく、見た目よりアッサリ目の味ですね。

本場の富山ブラックは、元は肉体労働者向けでラーメンをおかずにご飯を食べるために塩分たっぷり、だと地域対立を煽ってきたケンミ〇ショーで見た記憶が。

でも我楽さんのスープは良い感じに薄めアレンジ?がされていて飲みやすい。

薄い、と言っても富山ブラック基準ならって話ですよ。

コレって焦がし醬油ですか?
香ばしい醬油スープは万人受けしやすいアレンジだと思います。

ガチの富山ブラックって、ハッキリ言って余り美味しくなかったし (;´・ω・)


この激太ちぢれ麵は美味しい。

強めのコシが噛むたびに反発してきて良い感じですね。

大盛は大正解ですな。


チャーシューは好みではありませんでした。

薄味で脂身は脂っぽいし、赤身はボソボソしています。

独断と偏見でノーマルのラーメン大盛りが良いと感じました。


醬油スープには胡椒が良く合います。

ラーメンに胡椒をかけたのは久しぶり。

 

大喜という有名店の富山ブラックは、塩分の多さと苦み?さえ感じる醬油スープで好みがハッキリ分かれます。

我楽さんの富山ブラックは本場のヤツとは少し違う気がしますが、ソレが逆に食べやすくなっていますね。

逆にラーメン単体で完成された味なので、コレでご飯は食べにくいかも。


営業時間:11:30~15:00 18:00~20:00
営業時間(火曜日):11:30~14:30

定休日:水曜日

コメント欄

コメントする

あなたのメールアドレスが公開される事はありません。 頂いたコメントは砂井さんの認証後に公開されます。 ※マークは必須項目です。


*