煽られてナッツの燻製にチャレンジした話

ある日の事

黒サーファーさんが瓶詰めの燻製ナッツを持ってニヤニヤしています。

何ですか、ソレ?
マンチーフーズのスモークドミックスナッツ?

黒「おい砂井、この燻製ナッツ激ウマだぞ」
砂「似た感じのヤツなら作れますよ?」
黒「えぇ?こんなに旨く作れるの~?ニヤニヤ」
砂「・・・(* ̄- ̄)・・・」

 

砂「(#´∀`)ピキ」

 

砂「ヤったろーやないか~い(#゚Д゚)!」

あのやろーナメやがって!
絶対ぎゃふんって言わせてやるからな!

実際ぎゃふんって言ってるヤツ見た事ないケドな!


という屈辱的な経緯で燻製を作る事になりました。

コレはヤツを見返す為の聖戦なのです。

燻製自体は以前から何度も作っていますが、ナッツ類は初めて。

ナッツの燻製と言えばユニフレームのスモーカーバスケットです←根拠不明

とりあえず同バスケットを通販でGET。

ユニフレーム製スモーカーFS-400とFS-600専用とか書いてありますが、砂井さんには何にも見えません。


黒サーファーさんが自慢してたナッツ瓶に近い感じのヤツを、福井県発祥の超デカイ某スーパーで購入。

ピーナッツ、アーモンド、ドライフルーツです。

結構な量がありますね。


スモーカーバスケット1個では足りない、と同スーパー内の100均で売ってたステンレス製のザル×2も追加しました。


100円ザルでも全然良く出来てるな (;´・ω・)

ユニのバスケット1個で、100均のザルを10個以上買えちゃう驚愕の事実は知らないフリしとこ。

バレると精神的ダメージが深刻そうなので。


熱燻ならスノーピークのコンパクトスモーカーが便利。

砂井さんの「便利」は掃除のしやすさも評価されています。

下段にはピーナッツを入れたユニバスケットを置きます。

初めての具材なのでとりあえず半分でやってみますよ。


上に網を付けて2段に出来るのが同スモーカーのポイント高いトコですね。

同サイズのスモーカーと比較して2倍の容量を誇ります。


でも角ザル2個は流石にキツイかな?(;´・ω・)


あ、ギリギリ蓋が締まる。

大丈夫ですね。


それならと上段にも具材を入れます。

コチラも半分くらいにしておきました。


1月で外は寒いのでキッチン内で燻製を行います。

換気扇を全開にしとけば余裕よゆー。


最初は強火でゴー ( ´∀` )


写真では見にくい、ってか全然見えないですが、煙が出てきたら弱火にしてフタをします。


熱燻開始~。

フタに付いてる青いヤツは、フタの内側に付けてるキッチンペーパーを抑えてる磁石。

余計な水分を少しでも除きたいワケですよ。


どれくらいの時間が適当ですか?

とりあえずいつも通り10分にしてみよう。


10分後

パッカーン。

(。´・ω・)ん?

何かいつもより煙が少ない?


まぁ大丈夫じゃね?


煙が落ち着くまで少し放置しておきます。

余計な水分も乾かしたい。


待っている間に洗っちゃおう。

燻製チップのヤニはマジックリンを使うと良く落ちます。

比較的洗いやすいシンプル構造なのもコンパクトスモーカーが好きな理由です。


乾いたので同じく100均の入れ物に投入。

全部混ぜて入れます。


おお!なんかソレっぽい!(笑)

よし!次回黒サーファーさんに無理やり食わせよう。

んで無理やり「ぎゃふん」って言わせたるわ。

あ、拷問器具も持っていかないとね ( ´∀` )


追記

今回はキッチンのコンロを使いましたが、コンロの火口が広くてチップの周囲しか燻されてませんでした。

終了した時、煙が少なかった原因はコレですね。

キッチンでやるにしても、もっと小さい火口のコンロを使うか、集中ヘッドのバーナーを別で用意した方がイイでしょう。

Comment Form

この記事にコメントする

あなたのメールアドレスは公開されません ★印は必須項目です 砂井さんの承認後コメントが反映されます


*