T16 Proのモジュールがチョットおかしいかも

安くて万能?なマルチプロトコル・プロポです

砂井さんが愛用しているプロポは中国Jumper製T16 Pro。

T8SGからの買い替えでしたが、日本の技適マルチプロトコルに対応した万能選手です。

今までは主にドローンを飛ばすために使用していました。


T16のファームウェアは当初Jumper製のjumper TX(当然パクリ)でしたが、その後のアップデートで業界標準のOpenTXに対応しました。

T16 Proは最初からOpenTXでしたが最新版にアップデートしてます。

なぜココにJumper T16 PRO V2があるんですか?


その時、本体のファームウェアをアップデートしたついでに、内部モジュールのファームウェアもアップデートしていたんですよね。


でも最近購入したNight Timber Xの設定をしている時にふと目に入ったんですよ。


Night Timber Xの為にT16 Proの設定をしていたら、Module Statusの所に警告?みたいなヤツが出ているのを発見。

なになに?モジュールのアップデートを推奨?

OpenTXとセットでアップデートしたのにかね?

このモジュールのバージョンが1.2.1.51以前のモノはブートローダーが無いのでアップデートは面倒なんですが、1.2.1.85以降ならアップデートは簡単に行えます。

とりあえず公式HPに行ってみよう。


multi module firmware downloads(クリックでサイトへ)のサイトに行きます。

Select a moduleからJumperT16 pro Intemal Module(4-in-1)を選択。

無印T16の外部モジュールの場合はT16 Extemal Module(JP4IN-SE)の方ですよ。


次いでFile Filtersでバージョン等を設定してダウンロード。

・・・(* ̄- ̄)・・・

2020.12.21の時点で最新版は1.3.1.78

今まで入ってたファームウェアは1.3.1.9でしたが、そもそもバージョンの桁数が違うね?
ひょっとして何か違うファームウェアを間違ってインストールしてましたか?

よく動いてたね (;´・ω・)コレ

今までちゃんと動いていたので気が付かなかったわ~。

あと、最新版だとRadio Typeが今までと違うようです。


最新版のCerealってヤツは前情報も無く、少し不安だったので今回はバージョンを下げて1.3.1.69にしました。

このバージョンまでなら今までと同じOpenTXを選択できます。


見慣れたファイル名の更新ファイルをダウンロードします。

最新バージョンは、もう少し情報が出てからチャレンジしよう。


プロポとPCをUSBケーブルで接続し、ダウンロードしたファイルをSDカード内の「FIRMWARE」フォルダにコピーします。


コピーが終わったらPCとプロポを取り外して再起動。

PCから外す時はちゃんと「ハードウェアの安全な取り外し」を選択しましょう。

再起動したらSYSボタンを長押しでシステムメニューに。


PAGEボタンでページを送り、SDカード内の[FIRMWARE]フォルダを選択。


[FIRMWARE]フォルダ内には、先程PCからコピーしたアップデート用バイナリーファイル(multi-stm-opentx-aetr-noinv-v1.3.1.69.bin)があります。

一応、今後の為に新しいバージョンもコピーしておきました。


今回アップデートするmulti-stm-opentx-aetr-noinv-v1.3.1.69.binに合わせてENTERキーを押すと、小ウィンドウが開くので「Flash Internal Multi」に合わせて再度ENTERキー。


ファームウェアの書き込みが開始されます。

ココで砂井さんに出来る事は無事に終わるのを神に祈る事のみ。

もしこの時バグってハニるとT16プロポは、プロポの形をしたゴミになる可能性があるので注意しても無駄ですが注意してね。


どうやら無事に終わったようです ε-(´∀`*)ホッ


モジュールのバージョンを確認すると、今回アップデートしたモノになっています。

変な警告も無いね?

そのまま機体とのBINDを確認して終了。

さて、Night Timber X1.2mの調整に注力しよう。

Comment Form

この記事にコメントする

あなたのメールアドレスは公開されません ★印は必須項目です 砂井さんの承認後コメントが反映されます


*