North Eagle(ノースイーグル)の焚き火台Sを試す

完全にス〇ーピークの”アレ”です

コレはNorth Eagle(ノースイーグル)焚き火台S

えぇモチロン、どう見たってスノピの”アレ”ですよ (笑)

相変わらず中華コピー製品は・・・、と思ってたらノースイーグルは札幌に本社を置く日本企業だったんですね。

北海道の会社なのに商号が「ナニワ」ってのが地味にキます。

結構前に買ったんですが暫く放置していたんですよね。

砂井さんにはモノを買ったら安心しちゃって、そのままタンスの肥やしにする習性があります。


箱から出すと収納ケースに全部入った状態でした。

収納ケースの標準装備化は、次期国会で義務化を審議するべきだと思います。


内容物を見ると結構多いですね。

スノピではオプションだった物が全て標準で付いている感じです。


スチール製のベース。

火の粉が地面に落ちない様に下に敷くヤツ。

焚き火台を固定するロックが付いています。


焚き火台本体。

この特徴的な畳み方は完全に”アレ”ですね。

本家程ではありませんが、肉厚なステンレス製です。


コレも本家ではオプションの網置き台と網。

コチラもステンレス製で丈夫だけど重い。


本家の炭床は超極厚な鋳造品でしたが、コチラは2mm厚のスチール製。

一般的にはコレでも厚い方だし必要十分でしょう。

熊と戦う為でなければ、むしろアレの炭床の方が過剰な厚さなんだと思います。

各パーツにはバリも無く、思った以上に品質が良い事に驚きました。

〇ゴスとかはバリ凄いし。


組み立て

焚き火台本体を広げて4ヵ所の脚の内、対角線上の2ヵ所をベースに固定します。


コレで持ち上げる事も可能なくらいガッシリ固定されます。

スノピ製は上に乗っているだけなので、移動する際不安定でした。

ココは本家を完全に凌駕している機能だと思います。


網乗せ台は高さを3段階に変更出来ます。

炭火焼きなら一番下かな?


炭床を置きます。

焚き火なら不要らしいですが、炭火焼きなら必須。

もう少し大きい方が良かったかな?


最後に焼き網を乗せて完成。

ステンレス製の網は非常に丈夫なんですが、御覧の様に網目が粗い。

薄いお肉なんか焼いたら、網目からスルリと脱走するヤツが出そうです。


焚き火台としては小さくて使いにくそうですが、ソロ用の小型BBQグリルとしてはアリか。

カッコイイし。


ユニフレームのファイアグリルsoloと並べてみる。

用途、サイズ、価格まで完全にライバル製品です。


網と炭の距離を同じ位置にしたら高さも同じ。


ファイアグリルsoloは標準の網ではなく、100均の網が付いていますがほぼ同じ大きさです。

焼き面積も同じくらいですね。

焚き火台Sはゴツイ網なので、重いダッチオーブンなんかもへっちゃらそうです。


違うのは炭床(ロストル)の位置と大きさ。

焚き火台Sの方が小さくて奥まってた位置です。


同じ面積で焼くなら焚き火台Sの方が炭の必要量が多そう。


収納サイズは焚き火台Sの方が2回りくらい大きくて重い。


厚さは同じくらい。

ファイアグリルsoloは炉を畳む事が出来ないので嵩張りますが、焚き火台Sは部品点数が多いので同じ厚さになった感じです。


あと、大きな違いは重さ

ファイアグリルsoloは1.2kg
焚き火台Sは2.6kg
焚き火台Sの方が2倍以上の重さです。

それでも本家スノピのSサイズは本体(1.8kg)+ベースプレート(0.9kg)+収納ケース(0.3kg)+炭床S(1.4kg)+グリルネットS(1.0kg)で合計5.4kgなんで、比較したら全然軽いんですケドね。


ソロ用グリルとしては完全にバッティングする両者ですが、どちらが良いかは完全に好みでしょう。

ワタシはお掃除が簡単なファイアグリルsoloの方を選択したい。

・・・(* ̄- ̄)・・・

じぁ、なんてコレ買ったのよ?

Comment Form

この記事にコメントする

あなたのメールアドレスは公開されません ★印は必須項目です 砂井さんの承認後コメントが反映されます


*