切れなくなった包丁はウォーターシャープナーⅢにお任せ!

包丁を研ぐってド素人には難しいんですよ (;´・ω・)

奥「包丁が全然切れないだけど」

ある日奥さんから入った苦情です。

砂「砥石で研がないと切れなくなるよ」
奥「砥石ってナニ?」

これ以上の議論は不毛と判断しました (;´・ω・)

まぁ、いつもの日常です。


でもね、砥石で研ぐのって結構難しいんですよ。

特に角度が難しい。

下手な人が研いでも切れ味は戻りません。

砂井さんは国宝級のブッキー(不器用のエレガントかつキュートな俗称)なのでウッカリ、「いやー、包丁を砥いでたらソーセージが出てきて、よく見たら切断した自分の指だったよ~」なんてボケをカマす可能性も否定出来ない。

ソコまで行かなくても今まで幾つもの名刀が野に散ったのです (;´Д`)


コレ↑は数年前、新潟県の燕三条地場産業振興センターで見つけた変なモノ。

金物や刃物なら燕三条ですよね ( ´∀` )


高級なベアリングを内蔵したスライドに包丁を付け、「バ〇でも職人の様に上手く研げちゃいますぜ旦那」マシン(命名砂井さん)で、お値段は破格の30,240円。

見た瞬間「〇カじゃねーの?」って思ったのはナイショな。

ムダに滑らかに動くのがまたウケる。


そんなアナタに救世主が!!

コレは数年前から使用している包丁研ぎ器。

その名も「ウォーターシャープナーⅢ~」(ドラ〇もん風)

新潟県燕市にある片岡製作所さんが開発した製品です。

最初見た時は「こんなの子供騙しでしょ?」とか「ホントにこんなので研げるの?」って思ったんですが、コイツはホンモノですぜ兄貴!

疑ってメンゴ (;´・ω・)


使い方

フタを開けると内部には3つのローラーがあり、それぞれ粗研ぎ、中研ぎ、仕上げの砥石になっています。


準備は使用前に水を補給するだけ。

水の量?

テキトーで (* ̄- ̄)


フタを閉めたら準備完了。

スリットと砥石に角度が付いていますが、きっとこの角度がとっても重要なんですよね?


ちょっと見にくいですが、「1」と書いてある荒砥ぎからイキマス。

スリットに包丁を合わせて軽く押し当て、前後に7往復させます。

刃先から根本まで万遍なくスライドさせましょう。


次いで「2」の中研ぎも同じように7往復。

力を掛け過ぎないようにね。


最後に「3」の仕上げも7往復して完了。

作業時間は僅か数十秒です。

一応、片岡製作所さんの”使い方動画”も貼っておきます。


コレでホントに切れ味が戻るの?

試しに自家製ローストビーフを切ってみる。

今回のローストビーフは会心の出来。

半ナマの柔らかい牛肉を3mm程度に切りましたが問題無し。


やっぱ包丁の切れ味を試すならトマトでしょ?

柔らかい完熟トマトもスパスパいけます。

切れ味は最高なんですが、切断面が何か汚いのは砂井さんの包丁練度のせい。

そう言えば以前お母さんに「アンタの包丁捌きはスゴク危(あや)うくて心配」って言われたな (;´・ω・)

 

このウォーターシャープナーⅢ、一見するとオモチャっぽくて心配になりますが、実力はホンモノです!

本来刃物を研ぐのは技術が必要なんですが、こんな簡単に切れ味が戻るなんて正に砥石界の革命でしょう。

安物の包丁でも、この砥石なら2ランク上の切れ味に生まれ変わりますよ。


当然、砥石ローラーは消耗品なので交換が必要ですが、結構長持ちしますよ。

切れ味抜群って事もそうなんですが、誰でも簡単に研げるって事が革新的ですよね。

ホントにおススメです!

Comment Form

この記事にコメントする

あなたのメールアドレスは公開されません ★印は必須項目です 砂井さんの承認後コメントが反映されます


*