Mavicのプロポにストラップを付けて両手をフリーに

自転車とかに乗りながら撮影したいと思ったの

公道では違反になるのでダメですが、法的に問題無い私道や山道を走っている自転車をドローンで空撮したかったんですよ。

ネットで調べるとハンドルバーに固定するアダプターみたいなのがあったようですが、現在は何故か売ってないみたい。

自作されてる人も居ました。

ワタシとしては色々な自転車で試したいのでハンドルバー固定はボツ。

こんな変態チックなトライクでも使いたいし。


もっと単純に行こう

最初はハンドルバーに付けようかと試行錯誤してたんですが、よく考えたらそんな頻繁に使うもんでもない。

お手軽に首から掛けるネックストラップ方式でイイんじゃね?、という結論に至ったのでございます。

それで白羽の矢がザックリとブッ刺さったのが↑コレ。

メーカー名が違いますが中身は殆ど同じ製品です。


中身はアルミ製のプレートとネックストラップ。

首に下げるネックストラップはもう少し幅広の方が良い気がしますが、使用頻度とお値段を考慮したら悪くない。

どうしても気になるなら別のヤツを付ければイイしね。


取り付け

さて、とりあえずMavic2のプロポで試してみます。


DJIのMavicシリーズはコンパクトに折りたためるドローンとして人気ですが、プロポもたためるのが特徴ですね。

プロポの操作感は超絶的に良くないと思いますが。


取り付けは、プロポ下部の赤枠の部分にアルミ製プレートがカッポリとハマる構造。


取り付け後。

結構キッチリした寸法でハマっていますが、ハマっているだけなので強く引っ張れば抜けます。


最後にストラップとスマートフォンを取り付けます。

スマホで挟み込んで固定する仕様なんですね。


でも砂井さんのスマートフォンでは隙間が出来ます。

上にズラせばイイんですが、USBケーブルに負担が掛かりそうで何かイヤ。

ホームボタンも押し難くなるしね。


当然、隙間があると容赦なく外れます。

なのでスマートフォンの取り付け位置は超重要。


他のプロポ

コレはMavic Miniのプロポ。

お互い真っ黒なんで分かりにくい (;´・ω・)

取り付け部分は同形状なので互換性はあります。


スマホで挟む感じも全く同じ。

でも、もっとしっかり取り付け出来ないかな?


ピンとキタ気がする

砂井さんが所有する多数の工具箱の1つには、生涯掛けても消費出来ない数のリリースタイの在庫があります。

コイツはその名の通り、一度付けても外せるタイラップ

持っているとイロイロ使えて便利ですよ。


コレで固定すればチョットやソットでは外れない、ってか外そうと思っても外れないくらい強固に取り付けられます。

見た目は不格好ってかアレですが、実用性は悪くないと思う。

人に見せびらかすモンでもないし。


当然取り外せるので再利用可能。

便利かつエコな仕様ですわ~。

コレで固定方法は解決ね。


この製品唯一?の欠点は、ネックストラップのフックと指が当たるってトコ。

でもワタシはプロポを持つ時ストラップを張らないし、レースドローンと違ってDJIのドローンは指が少し当たったからって飛行に差し支えある訳でもないし、そんなに気になりません。


収納

構成品はこの3点セット。


コレをネックストラップでグルグル巻いてタイラップで固定。


ドローンケースに放り込んでおけば、いつでも忘れずに使えます。

Comment Form

この記事にコメントする

あなたのメールアドレスは公開されません ★印は必須項目です 砂井さんの承認後コメントが反映されます


*