T16 Plusのスプリング交換

Jumper製T16 Plusです

実は新しく購入したT16の操作感に不満があるんですよ。

ズバリ!
スティックの感触です。


下位モデルのT8SG V2 Plusより全ての点で高性能なんですが、その慣れない大きさからなのか操作感はT8SGの方が良いと感じます。

実際ドローンを飛ばしていてもT8SGの方がアクロバティックに飛ばるし。

T16の方がホールジンバルで高性能なんですけど全てが一回り大きいんですよ。

まぁ慣れの問題なんでしょうが、わざわざ買ったのにコレではね (;´Д`)


スティックのスプリングを交換しよう

大きさは変えられないので他に調整出来る範囲で何とかしてみる。

(サイズ以外の)違和感の要因はスティック・スプリングのテンションではないかい?

確かに今まで使用してたプロポに比べるとスプリングが強い。

スプリング・テンションは調整出来るんですが最弱にしてもまだ強い、ってかノーマル位置が既に最弱だったんじゃね?

操作感なんて個人の主観なので当然人によって全然違いますよ。

早速分解します。

ゴムのカバーはそれぞれ引っ張れば簡単に外れますよ。

あとは周囲にある黒いタッピングネジを外していきます。


本体アンテナ周りのカバー部2ヵ所のみ、何故かタッピングネジの頭が6角なのでアレン(6角)レンチが必要です。


ムダな構造の様に感じますが、コレも外さないとね。


パッカーン後。

・・・(* ̄- ̄)・・・

部品の集積度から考えてもプロポ本体をこの大きさにする必要はないね。

皆さん、この大きさの方がイイのかしら?

「プロポはこのサイズじゃないと死刑」とか国際法で決まってんの?


トコロで、(* ̄- ̄)

そもそもなんですがT16を購入した時に本体と一緒に入ってたこの予備部品。

コレは単純に予備のスプリングなのか、それとも柔らかいバージョンなのか不明なのですよ (;´Д`)

ココまでバラしといて何ですケドね。


あ、老眼が厳しいオッサンに、これ以上の作業をさせるには当然ハズキルーペが必須となります。

必須です! (`・ω・´)


とりあえず外しやすそうなヤツを引っこ抜いてみよう。

小さいんで飛ばさない様に注意です。

飛ばしちゃって一度見失うと再発見出来る確率は限りなく0に近い。

でも「諦めて新しい物を買うと見つかる」っていうジンクスは健在です。


予備に入っていたヤツと今外したヤツを見比べる (◎_◎)ジー

やはり見た目じゃ分から全然分からん。


ちょっとピンセットで伸ばしてみる。

・・・(* ̄- ̄)・・・ビヨンビヨン

全然違うね!( ´∀` )コレ

気のせいとかそんなレベルじゃなく、予備の方が超弱いスプリングです。

逆にちょっと弱すぎませんかね?って心配になるレベル。

ま、目的のスプリング・テンションを下げられるのが分かったので作業続行です。


(-ω-;)ウーン

砂井さんはMODE-1なので左スティックの事ですが、スロットルじゃない方はジンバルを外さないと交換できません。

まぁ、見ればわかる系なので迷いませんケドね。


交換するのは白いシーソー部品に付いてる赤〇のスプリングね。

見えないケド下の方はスプリング・テンションを変えるパーツに付いています。

少し面倒だけどピンセット1本でなんとかなるレベル。

不器用な人は、まぁなんだ、ガンバレ (* ̄- ̄)


あとスプリングのすぐ横にあるのがスプリング・テンション調整用のネジ。

これはフタを閉めた後でも外側から調整出来ます。

この状態でネジを締めるとテンションを変える構造が良く分かりますよ。


ワタシはハズキルーペと口にマグライトを咥えて10分程で作業を終えました。

ハズキルーペ、凄い ( ´∀` )ダイスキ


オマケ情報

分解してる時に気が付いたのがスロットル・レバー裏のこの金属ステー。

調整ネジが2本あるんですが、
①の方を締めるとレバーに抵抗感が生まれます。

②の方は真ん中に出っ張りがあり、ネジを締めると飛行機用プロポの様にスロットル・レバーにクリック感が出ます。


ステーが当たる方を見ると良く分かります。

ヘリやドローンではスロットル・レバーにクリック感は無い方がイイと思います。

でもノーマル状態ではスロットル・レバーがスッカスカ過ぎる、と思ったので写真奥側のネジを少し締めてレバーの抵抗感を調整しました。


さて、スプリング交換後の感触はどーだろー?

・・・(* ̄- ̄)・・・

ちょっと弱すぎか? (;´・ω・)

今のテンションは一番弱くしてあるので少し強めてみよう。

このスプリング交換は想像以上に柔らかくなるのでフニャフニャがお好きな方はどーぞ (* ̄∇ ̄)/

Comment Form

この記事にコメントする

あなたのメールアドレスは公開されません ★印は必須項目です 砂井さんの承認後コメントが反映されます


*