Zwiftの内蔵Bluetooth接続が不能

仕様変更になってました

本格的に寒くなって否応にもZwift率が上昇しています。

今日も元気にRoute Complete目指して走ろう。

砂井さんは何か目的が無いとヤル気が出ないヘタレです。


本題ですが、

基本的にZwiftではBluetooth接続する為に”Zwift Companion”アプリを経由する必要があります。

あ、PCの話ね。

Macは直接接続出来るらしい。


いつ頃からかPCと直接Bluetooth接続出来る機能が追加されてました。

この頃はまだβ(ベータ)版で肝心の接続は全然ダメダメ。

それ以降気にしてませんでした。


すると最近、この機能が正式版にアップデートしている事に気が付きます。

砂井さん環境はANT+の超安定接続なので本来全く必要ないんですが、まぁ興味本位の検証です ( ´∀` )


左上に表示される接続アイコンもZwift Companion経由ではスマホアイコンですが、内蔵Bluetooth接続では通常のBluetoothアイコンになります。


早速接続してみよう~ ( ´∀` )ノ

使用しているスマートトレーナーやパワーメーターはANT+とBluetooth両方の電波を出してるのでドチラでも接続出来ます。


って、アレ?見えないね (;´・ω・)

いつものANT+接続しか見えん。


試しにZwift Companion経由にするとちゃんと見えます。

 

・・・・・・(* ̄- ̄)

コレはアレですよ、「使えね~」ってヤツです。

正直普段はANT+ドングルで接続してるしBluetooth接続する時は相手がiOSデバイス(iPad)なんで、PCと直接Bluetooth接続出来なくても全く問題ないんですケドね。

ネットで調べると「繋がるケド途切れる」っていう症状も多いみたい。

やはり安定なのはCompanion経由か。
でもコレ、スマホのバッテリー負荷がスゴイので砂井さんはANT+接続でCompanion無しです。

無線キーボードを近くに置けばショートカットも使えてCompanionが無くても大丈夫 ( ´∀` )

 

Comment Form

この記事にコメントする

あなたのメールアドレスは公開されません ★印は必須項目です 砂井さんの承認後コメントが反映されます


*