DAHON Horize 2017購入

世界一の折り畳み自転車メーカー「ダホン」

ウチの奥さんが
「自転車欲しいなっ」と宣った。
そう、全てはこの一言から始ったのデス

いや、変なモノ食べたかな?と思いましたよ?
それまで出不精運動習慣も無かったのに。

でも最近夫婦揃ってポッチャリしてきたし、奥さんのやる気あるうちに運動させよう。

で、イロイロ悩みました。
自分の自転車を選ぶように3週間程ね (;´・ω・)


「DAHON (ダホン)」です

知らない人が聞いたらHONDAのパチモンか?と疑うような名前ですね?

もちろん、実態はかなり有名メーカーです。

夜に届きました。

ヤマトさんお疲れ様です。


中身。

折りたたみ自転車なんで折りたたまれています。


リビングで組み立て。
最近収納に問題がある砂井家です。

通販で買った自転車の整備状態は期待して無いんですが、ここのショップさんはキチンと整備されていましたね。

レビューとか見ると、ブレーキの片効きでブーブー言っている人がいてビックリ。

そんな事も自分で調整出来ないの?(;´・ω・)


取り敢えず、組み立て。
室内だから暗いな。

このモデルは20インチ(406)のミニベロ(小径車)にナリマス。

走行性能は700cのデカイ車輪の方がそりゃいいんですが、保管場所車に積めるという点で折りたたみミニベロに。

実は私、すでに18インチの折りたたみ自転車を持っているので

(ダホン公式HPより引用)

ホントは16インチのコレ↑欲しかった。

でも乗るのは奥さんだし、20インチ以下の自転車は不安定なヤツも多いので、奥さんの安全等も熟慮した結果の20インチなのです!


純正サドルはまるで三角木馬の様にケツを責め立ててきます。

砂井さんでも固くて痛いM専用だったのでフェミニンなサドルに変更しました。


それでも奥さんは
「ケツがヤラれる(;´・ω・)」
ゲルな感じサドルカバーまで装備。

これ以上はケツの方を鍛えてもらわねば。


変速は7速で別にイイのですがシマノのグリップシフトはイタダケナイ。

Amazonでレバー式を購入予定。


ミニベロのクセに、ベンドでなくストレートフォークなのがステキ。

タイヤサイズは20×1.95と太いです。
太い方が安定するので、運動音痴の奥さんの為に少しでも安定するようにとの配慮です。

でも、MTBでブイブイ言わしてた砂井さんからすると、
ホントに1.95?ってくらい細く見えます。

って思って、26×2.1インチのMTB用ブロックタイヤと比較。
結構違いますね。


購入のきっかけにもなったフロントハブ。
普通のダホンはフロント74mmと特殊な”ダホンサイズ”なんですよね。

しかしホライズは他のモデルと違いフロント100mm、リア135mm通常のMTBサイズ。

カスタムの幅が全然違いますね。
ちなみにフレームはディスクブレーキ対応です。


チェーンリングは53Tで奥さんには必要十分。
外側にリングガード、内側はチェーンデバイスでチェーン落ちを防止。
この辺も購入理由の一つ。

女性にはチェーン落ち程度の修理でもハードル高いですからね。

フロントディレイラー用台座もありますが、砂井さんは「街乗りミニベロにフロント変速など無用!」と思っているので不要ですな。

(2018.5.24追記)
後日付けました (;´・ω・)

ホライズのフロントダブル化


黒いホイールはカッコいいんですが、少し試走したらさっそくブレーキの汚れが (;´・ω・)


フロントには無いですがね?

可能ならホイール交換ディスクブレーキ化したい。


畳んだ様子。

ダホンの中ではフレーム形状が大きい方ですが、思ったより小さい?


ふむ、悪くない ( ̄ε ̄〃)

コレで奥さんには血尿出るまで漕いでもらおう。


最近、砂井家の収納事情がマジでヤヴァイ。

Horize(ホライズ)ぷちカスタム

コメント欄

コメントする

あなたのメールアドレスが公開される事はありません。 頂いたコメントは砂井さんの認証後に公開されます。 ※マークは必須項目です。


*