DJIのMavic Miniがやっと届いた(飛行編)

試験飛行(屋内)

さて、購入したばかりのMavic Miniを飛ばしてみましたよ。

イキナリ始まってますが詳しい話は↓で。

DJIのMavic miniがやっと届いた(比較編)

室内でテスト飛行した時にちょっと気になったのはラダー(ヨーイング)の動き

操作してから実際に動き出すまでがユックリで、操作をやめても惰性があり停止するのがワンテンポ遅れる。

Mavic2で「ジンバルピッチの滑らかさ」設定の数値を上げた様な動きです。

コレは空撮動画を滑らかに撮影するためのセッティングだと思いますが、特に目視外飛行だと違和感あってちょっと飛ばしにくい。

Mavic2で慎重なラダー操作が必要な時はシネマティックモードやTモードを使っていたので、普段の飛行時にこの動作は違和感あるなぁ。

専用アプリ”DJI Fly”にはこの辺を調整する設定項目すらない状態。

ちと困ったね (;´・ω・)


おケツにあるステータスインジケーターは機体の状態を示します。

コレが輝度が低くて少し見にくいか?


屋内なのでGPS信号は無く、下部ビジョンセンサーでの飛行。

Mavicシリーズ共通ですが低高度ならGPSよりビジョンセンサーの方が高精度です。

安定していて簡単に飛ばせるんですケド少しフラフラしますね。

前記のラダー問題もあり”狭い室内を自由自在に飛ばす!”ってワケにはいかず、やっぱプロペラガードは必須です、ってか付けとけよオレ (;´・ω・)

カンケー無い話ですが、普段TinyWhoopとかレースドローンをアクロモードでの操縦に慣れていると、高度に電子制御されたDJI製空撮ドローンの挙動に違和感を感じます。

特にスティックを離すと急制動するのはどーしても慣れんわ~ (;´Д`)


話を戻してホバリングの精度が(Mavic2に比べて)落ちるのは、センサーがMavic2より小さい為だと思います。

実用上問題無いレベルですが、たまにスーっと数十センチ流れる事があるので狭いトコでは注意。


あと飛行音は大分静かですね。

スマホアプリで測るとMavic2は約36㏈、Mavic Miniは約30㏈と結構な違いです。

知人の持っていたMavic Airはスッゲー耳障りな音だったし、Mavic2はノイズの周波数が低くてAirより全然静かに感じますが機体も大きいのでそれなりの音量。

このminiは小さいプロペラ特有の高周波ノイズを予想していましたが、良い意味で裏切られましたね。

なので音量は静かな順に
Mavic Mini < Mavic2 < Mavic Airって感じ。


直接関係ない話ですが、Mavicシリーズってプロポにスマホを付けなくても飛べるのね。

設定変更とか出来ないし他に不具合があるのか不明ですが意外な事実です。

Mavic2のプロポは機体のステータスがディスプレイに表示されますが、Mavic Miniは何も分からなくて緊張感パネェから非推奨。


試験飛行(屋外)

数日後ようやく屋外で飛ばせる日が来ました。

でも思いのほか強風で恐怖 (;´・ω・)コワイー

海が近くて遮蔽物の無い河川敷なので風速4~8m/sと強いですが、耐風テストになるか?と思い飛行強硬。

安全の為5m以下の低高度で飛ばします。

写真の風速計では気温2.9℃になっていますがソレは車から出した直後だったから。

実際は-1℃で更に強風。

砂井さんは冬でも薄着が基本装備なので生命維持に若干の不安を感じます。


Mavic2 ZoomとMavic Miniでホバリング比較。

ホバリング状態ではMavic2は50cm程度の水平範囲に収まっていますが、Mavic Miniは2m四方(上下動もする)の範囲をフラフラします。

業務用空撮ドローンと比べればMavic2も軽量機ですが、905gというMavic Mini比4.5倍の質量は伊達ではありませんね。

また耐風性能は重量だけでなくモーターパワーも重要なんだわさ。

Mavic Miniは2S(セル)7.6Vですが、Mavic2は4Sで15.4Vなのでパワーも段違い。

その割に頑張っているとは思いますが。


強風に耐えるMavic Miniの雄姿。

こんな状態でも動画にブレとか一切出ないジンバル性能に驚愕。

しかしホバリングは何とかなりますが飛行するとかなりキツそうだし、旋回時は「最大傾斜角を超えたぞゴラー!」と警告が頻発しました。

映像を確認するとジンバルの可動域を超えてカクつく所もありましたね。

カタログスペック上のMavic Miniの耐風性能は8m/sですが、実際はもっと弱い気がします。

風は高度を上げると一気に強くなるし、地表で風速5m/sを超えるようなら高度を上げるのは止めた方が良いですね。


ひょっとしてMavic2のアクティブトラック機能でMavic Miniを自動追尾出来たら、超アクティブな飛行シーンが撮れるんじゃね?

と閃いたので早速Mavic Miniをロックオン!


でも直ぐにロックが外れて追尾出来ません。

対象が小さ過ぎるのか?

あまり期待してなかったケド、残念。

このアクティブトラック機能はMavic Miniに無いんですよね。

コレはソフトウェア的な機能だと思うので、CPUの能力不足で搭載出来ないのか上位モデルとの差別化の為なのかは不明。


突風時は姿勢が乱れる事もありましたが動画自体は思った以上のキレイさで撮影出来ました。

4K撮影はMavic2 Zoomにお任せ。

このMavic Miniは1080p 60fpsに設定してMavic2ではヤバイ低高度や狭いトコ撮影専用にしようと思います。

他には自転車とか身軽な移動時でも持っていける小型軽量さが良いですね。

正直「Mavic2の代替機になるか?」とも思いましたが、航空法云々を考慮しても流石に性能差が大きくてソレは無いでしょう (ヾノ・∀・`)ナイナイ

でもSparkやMavic Airを駆逐してしまいそうな可能性を秘めていると思います。

友人とのBBQやキャンプ等、カジュアルな空撮用途なら出番は間違いなく一番ですね。

 

あ、DJIの公式ストアではスパークはもう買えなくなってます。

やっぱな (* ̄- ̄)

Comment Form

この記事にコメントする

あなたのメールアドレスは公開されません ★印は必須項目です 砂井さんの承認後コメントが反映されます


*