BetaFPVのドローンケースを小改良

あまり使い勝手の良くないケースです

ちょっと前に購入したまま使用せず放置されてたBetaFPV純正のドローンケース。

御覧の通り65サイズ×2機か、65サイズと75サイズのドローンを1機づつ、更に1Sタイプのバッテリーを死ぬほど収納出来ます。


でもねぇ、このバッテリー収納が突き出し過ぎててイヤなのよ。

蓋の凹みにハマるので大丈夫なんですが、それだと蓋裏のネットに何も入れられないし、もう少し余裕がないと、ねぇ?

なので今のままでは「一度入れたら数年は発掘不能」と言われる禁断の”砂井BOX”行きは確実でした。

(注:砂井BOXとは「とりあえず今は使わないケドその内使うかも知れないね?」という、ダメな収納方法ってヤツでよく聞く感じの”予備パーツ入れ”であり、自転車やPCパーツ等がカオス理論に基づいて収納されています)


でもソレなら思い切って改造しちゃえば?

といつもの悪魔が囁く ( ̄ー ̄)

確かに1Sバッテリーとか殆ど使わんしね。

穴ポコが少し生理的嫌悪感を掻き立てるしね。


と言う訳でバッテリーホルダーの部分をカッターで切り抜いてみた。

同じ様な加工を4ヵ所作成。


1ヵ所に2Sバッテリーが2本入ります。

2Sなら合計で8本入るし3Sバッテリーもokでした。

1Sバッテリーも入らん事もないし、コレが正解か?

とりあえず今度持ち出してみよう ( ´∀` )

 

Comment Form

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません ★印は必須項目です 砂井さんの承認後コメントが反映されます


*