風速計はドローンフライトの強い味方?

やっぱ空モノは天候に左右されやすい

最近ドローンネタばかりの砂井さんです。

仕事は相変わらず休日夜勤させられてキツイわ~。

一体いつ休めと? (;´Д`)

屋外でドローンを飛ばすには各種法律等をクリアする必要があります。
当然違反の無い様にするのは当たり前体操。

なので次に問題になるのは風の強さだと思うのよ (`・ω・´)

個人向けドローンの多くは高額なモノでも重量1kg以下が大多数。

軽いので結構風の影響が大きいのです。

昔飛ばしてたヘリのラジコンなんて60クラスのエンジン機だと重さは5kg前後あったし、多少の風なんて平気でした。

テクノロジーの進歩で小型化が進んだ弊害と言えるのか?

高額なモデルはその分電子制御の自立安定性が段違いですケドね。

200g未満のトイドローンなんて、重さ以外にもモーターに余剰パワーが無いのでもっと影響が大きいです (* ̄- ̄)


天気予報で風速はチェックするんですが、風の強さは場所や時間、地形によって大きく変わります。

やはりリアルタイムで把握したい。

そんな時、とある模型屋さんで発見したのがコレ↑

GM816っていう風速計です。

Amazonなら1400円くらい?

ちょっと調べるとドローンフライト用に使う人が多い定番商品らしい。

お店ではもう少し高かったけど”目の前にある”、という手軽さに負けて購入。


内容物一覧。

英語説明書ですが日本語の簡易説明もありました。


コレって販売元によって有ったり無かったりするみたい。

無くても調べる事は出来ますが、やはり有った方が助かりますね。


黄色い部分は単なるカバー。

しっとり柔らかい材質です。


電池は3032のボタン電池。

シール用のリングが外れやすいので注意です。


さっそく測ってみる。

この日の風は1.0m/s~4.0m/s程度。

普段はあまり気にしてなかったんですが、思ったより変動するのね。

最大風速が5.0m/sを超える様ならトイドローンはやめトコ。

DJIのMavic2なら全然大丈夫だけど。

Comment Form

この記事にコメントする

あなたのメールアドレスは公開されません ★印は必須項目です 砂井さんの承認後コメントが反映されます


*