キャリーミーのグリップとシートポストを交換

結構手が痛いんですよ

エルゴンのGP1-S、小さい方です。

前回付けたスゲー小さいの、捨てました。


値段が高いんで最初は購入候補じゃなかったんですが、安いのは加水分解してベタベタしてくるのも早いしね。

サイズは切断して合わせる事にしたんです (;´・ω・)


今回重要なのは、グリップの外側で固定するタイプである事。


まず、ぱっと見でも判るサイズの違い。
およそ10mm長い。

ハンドルの有効長はおよそ110mm。
エルゴンが120mmなんでね ( ´∀` )


ブレーキレバーを内側にズラして調整するのも、ハンドルのR部が邪魔になります。

ライトホルダーも付けたいんで、これ以上内側にしたくない (;´・ω・)


そんでグリップの内側をバッサリ。

まぁ、最初から切断でサイズ合わせする気だったんでOKです。
(切り口汚いのはご勘弁(;´・ω・))


ほら、ピッタリ~ ♪(* ̄∇ ̄)/


取付け。
ネジ式はカンタンでいいなぁ ( ´∀` )
トルクは5N・m

グリップの内側切る必要があったので、外側固定モデルが必要だったのですよ。


今回はまだ終わりません

前に保留してたコレ↑行きます。

トムソン・エリートのシートポストです!


ちょっと長いんで、ゴリゴリ切る。

さすがMTBで絶大な信頼性を誇る”トムソン”
7000番台のアルミ合金ですよ。

流石にエアガンなんかのアルミとは違います。

スッゲー硬てーぜ!(;´Д`)ゼエゼエ


ソーガイド等の冶具を使わなくても真っ直ぐ切れました。

断面は荷重の掛かる前後が肉厚な楕円構造です。


長さよし!


続いて折り畳み時に使うフック?を移設します。


3.5mmの穴を開けます。
ハンドドリルでやる時はズレるの防止の為、先に2mm位の小さい穴を先に開けると良いですよ。


4mmでタップ切り (`・ω・´)キリ


試しにネジを通してみる。
大丈夫ですね

固定にはネジロック多めに付けときました。


動作確認ですよ~ ( ´∀` )


もちろん当然しっかり機能します。


もう一回重さ測るかな。

純正は397g


トムソンは225g


どーかな?


グリップも手触りよし!


シートポストもブラックでカッコイイ ( ´∀` )

可能ならハンドルステムもブラックにしたいケド、流石にそれはムリですな。

それより、やっぱエルゴングリップいいわぁ~。

Comment Form

この記事にコメントする

あなたのメールアドレスは公開されません ★印は必須項目です 砂井さんの承認後コメントが反映されます


*