ロードバイクを本格始動!

自分を追い込む為にですね

ここ数年、ロードバイクはZwift専用のエアロバイクと化していました。

そのZwiftもたまにしか乗っていない有様です。

でも食べる量だけは減らないどころか増えている疑惑があります。

そうすると当然体重も右肩上がり。

ヤバいわ~ (;´・ω・)


そんなただのデブ街道を猪突猛進していると、以前の職場の先輩だった繁ポンさんからお誘いがありました。

繁「おい砂井、富山グランフォンド出ようぜ!」

突然何言ってきやがるんですか? (;´・ω・)

その富山グランフォンド2022ってヤツをちょいと調べてみると長距離を走るサイクリングイベントみたい。

ロング             180km
ミドル             130km
サイクリング80km
ファミリー    50kmとなっていました。

砂「もうそんなに走れません (;´・ω・)」
繁「何キロのコースでも良いから!」
砂「じゃー80kmで (;´・ω・)」
繁「いや出るなら100kmオーバーでしょ!」
砂「何kmでもイイって言ったじゃん (;´・ω・)」

そんなこんなで参加する事に。

でもこんな強制イベントでも無いと運動サボっちゃうし、ココは敢えて追い込んでみるか?

ちなみにシゲポンさんは平日の深夜23時とかにZwiftを始めちゃう変態です。


トレーニング始動!

気温はまだ寒いですが天気の良い日曜日。

実走は久しぶりですね。

もうレースは出ないので軽量ホイールのデュラエースC24は手放し、鉄下駄と名高いR500で出陣です。

トレーニングなら何でもイイんですよ。


2時間かけて辿り着いたのは以前ホームコースにしていた大倉岳スキー場。

昔は平日の仕事終わりに毎日ココまで来ていたな~。

あの頃はガチ変態だったよな~。


もう3月の下旬ですがまだスキー場は営業していました。

ちょっと寒いね (;´・ω・)


でもね~、久しぶりに外を実走すると変な音がするんですよね~。

ペダリングでギシギシ音、路面の振動でカタカタ音がしますよ~。


カタカタ音はステアリング付近から?

そう言えばこのR500、Zwift用室内トレーナーの為に買ったので実走は初めてでした。

スポークでも緩んでるのか?

バルブでもないね。


(-ω-;)ウーン、異状なしだと余計に面倒なんですが?


家に戻ったら点検整備

クランク付近から発生していたギシギシ音は完全にペダリングと連動していたので間違いなくクランク関係だと思います。

BB、クランク、SPDを一度外してグリスアップします。


んで適正トルクで再取り付け。

BBはトルクとかも正常だったな~。


クランク周りで異音の発生源になるのはこのクランクキャップですか?

BBへの圧が足りなかったかな?

今回はキモチ強めに締めてみますよ。


ちゃんと交互に締め付けてメンテ完了。

特に異常が無いのが逆に心配なんですケド (;´・ω・)


とりあえず定位置に鎮座して一段落です。

クランク周辺のギシギシ音はコレで収まるか?

でも振動のカタカタ音の正体は不明のままです。

って、(。´・ω・)ん?


携帯ポンプの取っ手部分が外れてるのを発見しました。

きっとコレがカタカタ音の正体です。
絶対そーです。
間違いない (`・ω・´)

そう思い込んで直った事にしましたよ。


異音も気になりましたが、今回のライドはたったの50km程度。

でも無事ヘロヘロになりました。

本番はこの3倍の距離とか、マジ完走出来るの?

コメント欄

コメントする

あなたのメールアドレスが公開される事はありません。 頂いたコメントは砂井さんの認証後に公開されます。 ※マークは必須項目です。


*