スノーピーク本社に突撃!

正確には本社近くにあるキャンプ場です

気温35℃の猛暑の中、新潟県三条市にやってきました。

砂井さんの実家から車で15分くらいのトコ。

金物で有名な燕三条にはスノーピークやユニフレーム、キャプテンスタッグ等の本社があります。

新潟ってアウトドアメーカーの聖地ですね。
ワタシもアウトドア始めるまで知りませんでした。

ちなみに三条市と燕市は仲悪いので有名です (;^ω^)


途中、三条にある「WEST」さんにお邪魔しました。


青森のショップとは規模が違いますよ?

当然石川もね。


しかしコレだけのアイテムを見ていると、拘束具(奥さんの顔色)で抑えつけていた物欲を抑えるのが困難になりますね。

え?
しましたよ?
衝動買い (;´・ω・)

何かはまた今度。


さて、軽く衝動買いも済ませたところで出発します。

目的地は三条の山奥にあり、現在位置(三条市内)から車で20分程の距離です。


着きました~。

暑いわ~ (;´Д`)

Snow Peak HEADQUARTERS Natural Lifestyle Storeです。

キャンプ場とショールームが有ります。


この看板?

よく見ると工事現場に敷いてある鉄板みたいなヤツをレーザーカットしたモノなんですね。


何かイベントの時に使うのかな?

スノピカラーのトラックがカッコイイ。


敷地に入ります

・・・(;´・ω・)・・・


・・・(;´・ω・)・・・

広いな (゚Д゚;)ヲイ

山の中とは思えない広大な敷地ですね。

東京ドーム何個分だ?
まぁ、言われてもピンと来ないケド。

コレはまだ敷地の一部ですよ?


さて、ココは小さいですがシャレオツなショールームもあります。


入口にはスノピブランドの自転車が置いてあります。

自転車マニアの砂井さんからすると、スノーピークの自転車はあり得ない価格設定ですね。
(コレは売り物ではありませんが)


そのまま進んで店内へ。

中はそんなに広くはありません。


他社のOEMなのにスノーピークのネームが入ったらお値段2.5倍。

オリジナル(OEM元)の製品と性能は変わらないのに、スノピのロゴが入っただけで高いお金を払うとは、スノピファンって〇〇なの?

いや、コレがブランド力ってヤツなのか。


自動販売機もスノピカラーです。

価格はスノピ価格ではありません。


ショールームの裏手にはテント等が展示されています。


王道のドームテント+タープです。

イイですね~。


でも2ルームも気になるわ~。

まぁ、砂井さんが買うとしてもコールマン製ですケドね。


反対側にもキャンプの敷地があります。

マジで広いわ~。


軽トラもスノピカラーで無駄にカッコイイ仕様。

コレはキャンプ場内専用なのかな?


隅では店員さんがレンタル用の焚き火台を洗っていました。

ここはもちろんシャワー、トイレ完備。
各種アイテムもレンタル可能です。

このキャンプ場、コールマンのテントの人も居るし、今度甥っ子と来ようかな?

でも夏場は暑すぎです。


営業時間(キャンプ場):年中無休

営業時間(ストア):9:00~19:00

Comment Form

この記事にコメントする

あなたのメールアドレスは公開されません ★印は必須項目です 砂井さんの承認後コメントが反映されます


*