コールマンのイグナイター、その後

前回完敗したイグナイターの取付けに再挑戦

コレはコールマンのランタン用イグナイター。

100円ライターと同じフリント式(石を擦って火花を飛ばすアレ)の点火装置です。

でもコレ、取付けは自分で何とかするタイプのワイルドな設計。

それでワンマントルランタン286Aに付けようと数日かけて作業したんですが、哀れ失敗に終わったのです (;´Д`)


厳密にはイグナイター自体は付いたんですが、その他紆余曲折ありまして最終的にチャッカマンが入らない!って事に嫌気が差して止めたのです。

ココの穴を広げる加工はしたくなかったし。

前回のイグナイター取り付けの記事↓

コールマンのイグナイターが思ったより面倒


もう一度、そして最後のチャレンジ

数日経過して頭が冷えたらちょっと解決策が浮かんだ様な気がする (* ̄- ̄)キガス

どうせ「コレでダメなら捨ててやる」って思ってたし、ダメ元でもう少し弄ってみますよ。

前回イグナイターの角度を起こしたんですが、今度はもう少し寝かせてボルトで止める位置も奥へ戻しました。


イグナイターの角度を寝かせたお陰でホヤを反対側に寄せる事が出来ます。

・・・( ^ω^)・・・

そもそも何なの?このスキマ (;´・ω・)

このホヤとフレームボトムのサイズがガバガバで合ってないのが原因なんですケド?


ホヤを反対に寄せたのでチャッカマンが入るスペースが出来ました。

コレで点火問題は解決。

通常はチャッカマンを使用します。

チャッカマン忘れた&気分(笑)でイグナイターで点火、なんて感じに使い分けられます。


でもそうすると今度はイグナイターとヒートシールドが当たるのよね~。

そもそもイグナイターの角度を立たせたのはココをクリアーする為だったし。

しゃーない (* ̄з ̄)

と言う訳で今回はもう少し切断する事にしたんです。

イグナイターと当たる部分にマーキング。


さてコチラが切断済みのヒートシールドになります。

料理番組みたいなノリね? ( ´∀` )

ちゃんとエッジ処理もやりましたよ。

「外しちゃダメ!」って英語で書いてあるトコを削ってやったぜ!

この角度だと結構削った様に見えますが、ざっくり目算で1/6位かな?


コレでイグナイターの上下には問題無いハズ。


一度組み上げてチャッカマンで点火。

大丈夫だね? ( ̄ー ̄)

あ、マントルが無いのは作業中に触って破壊しちゃったからです。


ニョッキリ出てきてイグナイターもスパーク!


格納状態。

完成したのか? (;´・ω・)

?「パーフェクトだ、ウォルター」


どうやら大丈夫な様です。

新品のマントルを付けて出番を待つ事にします。

もうすぐGW。
しかも今年は10連休!

まぁ砂井さんはそんなに長い連休はアリマセンが、GWが今年初キャンプになるかな?

ソコで使おう。

2 Comments

  1. コメント失礼します
    コールマン点火装置
    私も以前使っていたので
    拝見させた頂きました
    手持ちの物はビスも短く真鍮製なので
    古いのかもしれません
    同じ様な物ですが固定金具が反対向きで
    取付け方が全く違い無加工で
    簡単に取付け出来ています
    ただ取付け方法が変わったのか?
    参考になればと思い写真も撮りましたので
    良かったらご連絡下さい。

    • ルディさん、有難い申し出をありがとうございます。
      取り付けは本能の赴くまま行ったので正直自信がありませんでした。
      参考に出来る例があると有難いです。
      こちらから送られたメールアドレスに写真を添付して返信して頂けると助かります。

コメントする

あなたのメールアドレスが公開される事はありません。 頂いたコメントは砂井さんの認証後に公開されます。 ※マークは必須項目です。


*