PC用スピーカーを10年ぶりに更新したのはBOSE companion20

思えば長く使ってました

大分久しぶりにPC用スピーカーを買い替えたのです。

今までのスピーカーの配置はこの位置。
ガンラックの裏、しかもPCの左側っていうステレオの存在意義を根本から覆す配置だったのよ。

・・・( ^ω^)・・・

ガンラックって普通一家に一台あるよね? (;´・ω・)


分かりにくいですが、ガンラックのホコリ防止用ビニールの向こう側っていう、スピーカーには絶望的な配置だったのです。

まぁコレにはマリアナ海溝より深い理由がありましてね。

それでもちゃんと音は聞こえていたのは流石高級スピーカーです。


ちなみにこのスピーカー、SONYの子会社が作っていた「セレブリティ D-3000」ってモデル。
名前がもうセレブですね ( ´∀` )

ソニー・ファミリー・クラブの訪問販売と通販のみで店頭販売はしていなかったそうです。

1994年販売で当時22万円。


デザインは「ジウジアーロ」さん。

有名なイタリア人デザイナーの人ですね。

本体はマホガニーウッドで重さ11.5kgです。


購入して数年が経過したある日、ついに仕掛けられていたソニータイマーが作動。

CDのピックアップが故障しました。

ソニーあるあるです。

それ以降LINE入力でPCの外部スピーカーとして活躍していたのです。

音質はイイですよ~。

でも昔ほど音楽を聴かなくなったし、そのイカれた配置からくる使い勝手の悪さで最近は出番なしでした。


家電屋さんで何気なく聞いてしまったスピーカーが良い感じだったのよ

ボーナスも入っちゃったし半分衝動買い。

BOSEの「Companion 20」28000円(税別)

PCスピーカーとしては同社の最上位モデルです。

販売は2011年なんでかなりのモデル末期。
当然Bluetooth接続とかには対応していません。


ちなみに下位モデルにCompanion 2 Series Ⅲってのもあります。

12400円と価格は半分以下ですが、店頭で聞き比べたら音質はイマイチ?だったので選択肢に入りませんでした。

-後日談-
知人が持っていたので単体で聞いたら悪くないですね。
コスパ良いし。


中身をブチ撒けてみる。

アナログミニピン入力のみ。

光デジタル接続とか何ソレ美味いの?という割り切った内容。


販売から時間が経過しているので多少マイナーチェンジしているそうです。

初期モデルはアダプター配線が2線で弱かったり、


本製品の特徴である「コントロールポッド」の耐久性が悪かったりしたそうですが、現行品は直っているハズ (;´・ω・)ダヨネ?


PC用スピーカーなんで接続は一般的なミニピン。


ですが砂井さんPCはノイズを嫌って外部接続のオーディオデバイス。

ONKYOのSE-U55SX。

余談ですが、オンキョーはこの手のPC向けUSBオーディオはもう作ってないんですね。

ノイズの少ないクリアな音が好みです。
が、コイツのアナログ出力はRCAのみ。


そこで手持ちのPCパーツBOXをゴソゴソ漁っていたら発見しました。

RCA-ミニピンケーブルです。

自作歴長いとこんな時に助かるわ~ ( ´∀` )


ココで一つ致命的な問題が (;´・ω・)

世に言う、スピーカーを置くスペースが無い事に買ってから気付いたぞ問題です。


いや、何とかなるもんね

このスピーカー、本体前面には下部にしかユニットが無い構造。

上の部分は低音を出す為のスペースで、しかも低音用のポートは背面なのです。


設置スペースの問題は、スピーカーをEIZO EV2785ディスプレイの裏側に配置するという荒業でクリア。

スペーカーの下半分が出てれば良いのです。

このCompanion 20は防磁処理されていないので、CRT(イマドキ使ってる人居ないよね?)やHDDの近くに置くのは止めましょう。


砂井さんPC環境はブラックで統一したいのに、ONKYO SE-U55SXとスピーカーの色が揃わないのは残念無念。

早速音楽を聴いてみる。

・・・( ^ω^)・・・

ネットの評判では「低音が強調され過ぎ」って書いてありました。
確かにそのケはありますが曲による?って感じです。

それよりサブウーファーも無いのに力強い低音が出せるのに少しだけ感動。

少しな (* ̄- ̄)

技術の進歩を感じますね。

あと気になったのはボーカルが少しこもって聞こえる気が?
これも曲によりますが30分も聞いていたら慣れました。

確かにナチュラルな音、と言うより色々チューンされた音に聞こえます。

でも音量を上げると音のエッジが立っている感じがするような?
長時間大音量で聞いていると耳が痛くて少し疲れやすいかな。


あと地味にこのコントロールポッドが使いやすい。
手元で音量の調整が出来るのは思ったより便利です。

音量調整する外側のリングは結構敏感なので注意ですよ~ (;´・ω・)
不意に指が触れてヾ(;゚□゚)ノギャアアーー!!  って音量になる事も?

上部に触れるとON/OFF出来ますが、電源のON/OFFじゃなくて単なるミュートしてるだけみたい。


試しにワットチェッカーで待機電力を測ってみましたが、1W(ワット)以下で計測不能でした。

このCompanion 20、総合的には音質も良く、今までのスピーカーより遥かに小型でしかも安い。

満足です~ ♪(* ̄∇ ̄)/

ブラックがあれば文句なし!だったんですケドね。

2 Comments

  1. なんか、 珍しいのに手だしてますな、、、
    クマも、BOSEのM2普段使いしてますぞw

    • ごリラックマさん、コメントありがとうございます。
      BOSEのスピーカーは実は2台目、15年程前ですが使った事があります。
      その時のはサテライトスピーカー&サブウーファーって構成。
      このモデルはサブウーファーが無いのに低音も強くて設置スペースにも困らない、まさにPC用にうってつけのスピーカーですな。

この記事にコメントする

あなたのメールアドレスは公開されません ★印は必須項目です 砂井さんの承認後コメントが反映されます


*