26日のX’masパーティーでローストチキンにチャレンジ

何故26日なのか?仕事だからだ!

砂井さんはあまり周りに影響されず、自分の信じた道をズカズカ行けちゃう人です。

奥さんの仕事が遅いもんで、別に周囲に合わせて24日に無理やりパーティーなんかしないのですよ。

で、当の26日に何をするのか?

 

去年のリベンジですわ!(`・ω・´)

 

ローストキチンにチャレンジ!

↑この記事に書いてありますが、ローストキチンをダッチオーブンで作ったら、何故か出来たのは「蒸し鶏」でした、みたいな (;´Д`)ガッカリ

↑去年のローストキチン改め”蒸し鶏”さん。

ダッチオーブンでの調理は初めてだったんですが、多分温度が低過ぎたと思われ。

ちなみに失敗したのはキチンに限らず、イモとタマネギも食えるか、こんなモン!状態と惨敗。


時間もないし、早速 (* ̄- ̄)

この下ごしらえは前日です。

買ってきた中抜き丸鶏を洗います。

正直この手はヤツはちと気持ち悪い (;´・ω・)


ナカに手を突っ込んで残ってる内蔵も取り除きますよ。

ビジュアル的にフィ〇トフ○ックみたいとか言うな。


今回味付けはシンプルに塩コショウだけ。

ローリエとかお洒落アイテム買っても他に使わないし、ハーブ系は匂いがキライなのよ。

このまま一日冷蔵庫に放置します。


次の日(26日)

冷蔵庫から出して常温に戻し、一度温めてから冷ました冷凍ピラフを腹の中にブチ込みます。

ワタシはピラフってあまり好きではありませんが、奥さんリクエストで。

ピラフは当然AJINOMOTOのアレですよ。

後は爪楊枝で穴を塞いで準備完了。


ソレを予熱したオーブンに入れて焼きます。

・・・(* ̄- ̄)・・・

ダッチオーブンじゃねーのかよ!

ってツッコミもあるかと存じますが、今回は安パイを選択させて頂きましたのでございます。

アウトドア関係に強い戦友の砥部良軍曹さんからも「キッチンでやるならオーブンじゃね?」とアドバイスを頂いたのです。

とりあえず一回成功しないとね (;´・ω・)

それにダッチオーブンは引越し準備で実家に持って行ったのでもう無いし。


20分程加熱したら一度様子を見ます。

だらしねぇ感じに大股開きなのは、タコ糸も引越し準備で、、、以下略。

写真より実物はキレイなキツネ色でイイ感じ。

もう10分くらいか?

ついでに上に油塗っとこ。


トコロでローストキチンって途中でひっくり返すのってアリなの?

上にしてたお腹側はパリパリでしたが反対側はベチャってフニャフニャだったので。

試してみよ (* ̄- ̄)


更に25分後

完成しましたよ~。

今回は上手くいったね? ( ´∀` )

左足が折れてるのはひっくり返した時、ワタシが放った48の殺人技の1つに耐えきれなかったのです。


お酒が飲めれば満足なので量は少なめなシンプルディナー。

個人的に一番のお楽しみはカニ🦀なんですケドね。

カニはやっぱズワイですわ、ズワイ。

味が濃い ( ̄ー ̄)

下の茶色くて四角いのは自家製スモークチーズ。
ビスケットじゃないよ。


ローストキチン自体は上手に出来たんですが、ココで新たな問題が発覚。

切り分け方が分からん (;´Д`)

とりあえず適当にブッチ切ったんですが、聖なる夜(過ぎてるけど)に似つかわしくない、スプラッタで猟奇的な事件現場と化しました。

次回の課題ですね。

2 Comments

  1. 家庭では丸鳥はオーブンで焼くに限りますよ。
    我輩は肉が崩壊するのが嫌なのであまりひっくり返しませんが、
    全面こんがり焼きたいなら手を充分に冷やして、丸鳥を両手で掴んでひっくり返すという荒技がベストです。

    • 砥部良軍曹さん、お久しぶりであけおめです ( ´∀` )
      前回アドバイス貰った通りオーブンだと成功しました。
      ひっくり返すのは次回から止めておきます。
      背中側はお肉が少なかったので。
      でも次はダッチオーブンでリベンジしたい。

この記事にコメントする

あなたのメールアドレスは公開されません ★印は必須項目です 砂井さんの承認後コメントが反映されます


*