Beta85X HD(改)の受信機問題

RSSI値が低過ぎてコワイ (;´・ω・)

FCの修理を終え数週間ぶりに飛ばせる様になったBeta75X HD。

85Xフレーム化して67gという軽量85HD機になってます。


でも外で飛ばしているとRSSI(受信強度)が低いのが気になる。

カメラ画像をVTX(映像送信機)で飛ばしたゴーグル映像に機体側の情報を表示するのがOSD(On ScreenDisplay)機能。

機体のバッテリー電圧とか重要な情報を映せるんですが、赤枠の数値がドローン側受信機の受信強度を示す数値(RSSI)です。

数値が高いほど強い電波を受信してますって意味ね。

この機体はFutabaの外部受信機を付けていますが、僅か30~40m位離れた程度でRSSIが18とか低過ぎる数値になるんですよね~ (;´・ω・)

でも色々試した限り実際にバインドが切れる素振りはないんですよね~。

何か「間違った数値が表示されてるだけ」だと思うんですけど原因不明。


同じ位の距離を飛んでる受信距離が短いFC内蔵受信機タイプのBeta85 Pro2の方が高い数値です。

コレは何とかしたいですね。


何か設定が悪いのか?とも思い調べてみるも解決出来ない。

この辺が初心者にはハードルが高いよね (;´Д`)

何げなく受信機を(ハズキルーペで)見てみる。

(。´・ω・)ん?

D16 MODEって書いてる。

Futaba製じゃないの?これ。


ちょっと調べてみるとコレはAC900って言う互換受信機らしい。

Frsky D16とFutaba S-FHSSの両対応なんですって。

マジか (;´・ω・)


ちょっとピンとキタ

爪楊枝でも無いと押せない黒い小さいのがバインド(ペアリングみたいなモン)に使うボタン。

通電中にこのボタンを長押しするとモード切替えが出来るらしい。

早速試さねば!(`・ω・´)


えーと、なになに?
バッテリーを繋いて黄色く光ったら切替え完了、と。

後は普通にバインドしますが、その時さっきのボタンを押しながら再度バッテリーを繋げます。

この時にまた手が3本欲しくなるよね?

ハンダ付けする時も手が3本欲しくなるよね?


何事もなくFrskyでバインド出来ました。

後はOSD表示ですね。


おおっ!! (;゚Д゚)

すぐ横に置いてあるとはいえ99?

今までは近くでも40程度だったのでコレで問題解決?

 

・・・(* ̄- ̄)・・・

だったらヨカッタのにね (;´・ω・)

コレ、どんだけ離れても99なんですケド。

調べたらこの受信機ってそもそもRSSI出力に対応してなくね?


あれれ?っと思ってFutabaに戻すとRSSIが0表示。

・・・(* ̄- ̄)・・・

なんで最初は表示してたの?

(-ω-;)ウーン

全然わからん (;´・ω・)

Comment Form

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。 ★印は必須項目です。 砂井さんの承認後コメントが反映されます。


*