SJ5000Xをドラレコの代用にする事は可能だろうか?

いわゆるアクションカメラですよ

突然ですが、砂井さんって基本的に自転車通勤なんですよ。

そうすると必然的に車に轢かれて死ぬ確率が高いワケですよ。

過去20年に及ぶ自転車トレーニングでも、6回ほど車に轢かれかけたインシデントがありました。

最近は車でもドラレコの需要は高まっているし、当然砂井さんの車にも付いています。

でも自動車より自転車に乗っている方が圧倒的に長いんだから、自転車にもドラレコ付けた方がイイんじゃね?となりました。

いつもの思い付きですよ。

悪質ドライバーや対策や、轢き逃げ被害に遭った時の証拠になるか?と思ったからです。


そう思い立ったのもコレ↑があるのを思い出したから。

数年前に買って、現在は封印されしモノ達です。

わざわざ新規に買う財力が無いとか言ってません。


コレはSJCAMのSJ5000Xっていうアクションカメラと、そのマウンタ類。

見た瞬間に分かる中華臭(笑)

当然G〇Pro様をパクった激安カメラでございます。

自転車やドローンに付けて遊んでいました。

しかしこの手のガジェットは更新が早く型落ち品はあっという間に廃れていきます。

実際もう使ってないしね。

でもドラレコ替わりなら十分イケるよね?って思ったんですよ。


防水ケースに予備バッテリー×2個あるし。

放置するには勿体ないし、有効活用する用途が出来て丁度良かったわ~。


でも問題になるのがカメラの搭載位置。

通勤時はサイクルトレーラーTravoyを牽引するのが基本スタイル。

Travoyは圧倒的な前方投影面積を誇り、向い風の時は否応なしにトレーニング強度を爆上げしてくれる、特に嬉しくない機能が自動で備わっています。

なので自転車本体にカメラを付けても後方が見えません。

後方を上から見通せるサドル下周りは他のガジェットで既に埋まっているし、カメラはTravoy本体に付ける事になりそうです。


防水ケースで検証中

最近めっきり珍獣ハントしていない某珍獣ハンター風に言うと「コッコでーす!、ココ、ココ!」

とりあえずTravoyの牽引バーに付けてみた。


アレ?
思ったよりスマートに収まってますよ。

何かコレで解決じゃね?


牽引バーを畳むと少し自己主張が激しいですが、特に問題無さそう。


いや、ありましたよ、問題 (;´・ω・)

後方警戒用レーダーGAMIN Varia RTL515の邪魔になってます。

Varia RTL515はミリ波を使用し、後方から接近してくる車両を教えてくれるハイテクデバイス。

装備優先度はレーダーの方が遥かに上なのでこの搭載位置は却下。

ガーミンVaria RTL515で後方警戒を万全にする


(-ω-;)ウーン
良い解決方法は無いかな?

え?無い?(;´・ω・)

強引にシートポスト周辺に設置を試みるも合えなく撃沈。

解決方法が見つからないと何か面倒になっちゃって、結果的には数ヵ月放置する事になりました。


実際8ヵ月経過

このまま面倒になって無視暫く放置していましたが、新コロで巣籠りしているとうっかり視界に入っちゃったのですよ。

なのでまた思い出したように再開したワケ。

でも結局「ココだ!!」って解決方法は無く、「もうココでイイんじゃね?」って妥協案です。

数はあっても使えるヤツが少ない中華製マウンタ類から搭載方法を厳選。

中華マウンタは基本的に強度が無いのでアームとかは使用しない方向です。

結構簡単に折れるんですよ、ポキっと。


いきなり作業してます

予定した搭載場所が低い位置なのでどうかと思ったんですが、Travoyの自立用スタンドに設置しました。

クリップ式のマウンタにボルトの頭を逃がす為に穴を開けます。


滑り止めの両面テープとタイラップでゴリゴリ固定。

クリップ式の存在意義を完全に無視した固定方法なのは無視。

でも意外にしっかり固定出来ました。


こんな位置です。

雨天時はもちろん、晴天時でもホコリとかヤバげですが、防水ケースに入れてあるので大丈夫でしょ?って無責任な発想。

最悪壊れても良いヤツだしね (* ̄- ̄)


外部からでもLEDライトで動作が判別出来ます。


裏側のモニターも確認可能。


Travoyを直立させるとカメラが危うい感じに見えるのが笑う。


でもまぁ、足を引っ掛けなきゃ大丈夫でしょ。


カメラの設定は1080Pの60fpsにしてみます。

この手の小型カメラでは4Kにしても解像度はたかが知れてます。

1080Pの方がバッテリーの持ちが良い気がして。


自転車に付けるなら電源ONと同時に録画開始に設定した方が手間が省けますね。


準備よし!

試走イキマスよ。


おー、ちゃんと映ってますね。

もう少しカメラを上に向ければイイ感じ。

通り過ぎる自動車のナンバーも確認出来ました。

日付が過去にタイムスリップしてるのは無視してください。

バッテリーを抜く度にリセットされちゃうので諦めました。


結果

●そもそも悪目立ちするTravoy
●無駄にハイテクな後方レーダー
●ウインカー兼セキュリティーアラーム
●怪しい位置のドライブレコーダー

何かチンドン屋みたいになってきたわ。

・・・(* ̄- ̄)・・・

もうコッチが不審者じゃね? (;´・ω・)

コメント欄

コメントする

あなたのメールアドレスが公開される事はありません。 頂いたコメントは砂井さんの認証後に公開されます。 ※マークは必須項目です。


*